• Home
  • 仕事術
  • 効果的に物事を記憶するために守るべき5つのこと

効果的に物事を記憶するために守るべき5つのこと

2012年2月26日 | カテゴリー:仕事術勉強


買い物リストや、仕事の作業手順、英単語など、私たちのまわりには記憶する必要のある情報であふれています。そのような情報の中でも、仕事をこなすうえで絶対に必要となる知識や、資格試験で問われる知識などは、特に重要な情報となります。
仕事で高いパフォーマンスを発揮したり、資格試験に合格するためには、そのような情報を効果的に記憶する記憶する必要があります。そこで、効果的に物事を記憶するために守るべきことをご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

1 記憶を明確にするために「書き出す」

自分では記憶したつもりでも、その記憶が正確でなく、すぐに出てこない場合があります。記憶が正確かどうか確認するため、また、記憶を想起して明確にするため、記憶しておきたい情報を紙に書き出してみることをお勧めします。

2 必ず睡眠を取る

睡眠時間は、物事を記憶するために、絶対に必要な時間です。昼間に経験した出来事や、学んだ情報を、睡眠中に脳が整理して記憶として定着させているからです。睡眠時間を削って受験勉強に励む方もおられますが、睡眠は十分に取った方が、効果的に物事を記憶できるようです。

3 物事を記憶する時に他の器官を使う

通常、情報を頭にインプットする方法としては、視覚か聴覚を用いることがほとんどです。その際、別の器官を同時に使うと、効果的に記憶できるそうです。例えば、記憶したい情報を読む際には、ブツブツと声に出した方がいいそうです。

4 一定期間ごとに復習する時間を設ける

物事を正確に記憶するためには、「復習」することが必要だということは、皆さんもご承知かと思います。ただ、復習にも効果的な方法というものがあります。勉強であれば、1時間おきに5分程度、復習のための時間を設けるのが効果的なようです。

5 感情を利用して覚える

人の脳は、ある情報に感動したり、驚いたりすると、その情報が記憶として定着しやすいそうです。すなわち、感情を伴った脳への情報のインプットが、記憶には不可欠だということです。テキストなどを丸暗記しようとして読み始めても、なかなか頭には入ってこないのはこのためです。

Get Adobe Flash player