• Home
  • 勉強
  • 基礎が大切とされる5つの理由

基礎が大切とされる5つの理由

2011年12月03日 | カテゴリー:勉強


スキルを習得するにあたり、ついつい『基礎』をおろそかにしてしまうことって、ありませんか?
「結果的にできればいい」なんて思っていると、取り返しのつかない根本的なミスを犯してしまいかねません。今回は、基礎が大切とされる5つの理由をご紹介致します。よろしければ、今習得中の学問や技術に対する利点、スキルアップに対する一つの考え方としてお役立てください。

1基礎は全ての土台

一般的に「基礎」と言われているものは、先人たちが築いてきた知恵に成り立つものです。今ある基礎の前に、古い基礎があったことを理解しましょう。
学校で習う勉強以外でも、難しい応用問題に対しては、基本的な理解が十分でないと対処できないことが多いものです。それは知識だけでなく、実技の場合も同じです。基礎の方法を習得していなければ、効率化を図ったり、無駄を削減する手段は思い浮かばないでしょう。
様々な事柄に関する「基礎」は、時に煩わしく感じてしまうこともあります。
しかし、それはあなた自身を次のステップに進ませるための入り口なのだと考えてみましょう。

2無意識レベルに落とし込むことで、時間の短縮化を図ることが出来る

基本的なことは、何度も反復する機会が非常に多かったりするものです。小学生の時に習った「九九」が良い例でしょう。日常の基本的な動作も同じく、繰り返し行うことで身につけたものばかりです。
無意識レベルにまで浸透することで、基礎は深く考える必要もなくあなたの思考から表れ出るのです。そしてそれは時間というコストを削減し、あなたの作業をより効率的なものに変えていくでしょう。

3自信が身につく

基礎をしっかり理解し、それを行動に移せるようになると自信が芽生えます。「自分はこの分野に対して、最大限のパフォーマンスができる」と信じる事で、実際に仕事で出す結果も向上していきます。
また、人は裏付けされた自信を持つ人間には惹かれていくものです。まずは小さな事からでも地道にやり遂げ、基礎レベルを習得し、そして応用を身につけましょう。段階を踏んでいく毎に、あなたの自信も、周りの信頼も徐々に高まっていきます。

4更新される基礎を学ぶことで、更なるスキルアップが実現できる

今ある基礎が、すでに塗り替えられてきたものであるように、これから先も新たな基礎が生まれていきます。コモンセンスは時代に応じて変わりますが、だからこそ時代を反映してるものになるのです。
基礎を学び続けるということは、時代を学ぶことなのです。
もしあなたが既に習得している知識や技術に、また新たな基礎が更新された場合は、臆することなく挑戦してみてください。最初は戸惑うことも、しんどいと思うこともありますが、その末に得た基盤はあなたのスキルを一層高度なものにします。

5疑うクセがつく

常に基礎を学ぶ姿勢をもっていると、「疑うクセ」が身につきます。こう言うとなんだか悪いことのように捉えられそうですが、疑うことはつまり、今行なっている方法が正しいのか、効率的な手段なのか、と吟味する力となり得ます。
「思い込み」は成長を止める原因となります。慢心せず、常に初心を心がけ、時代に応じたバージョンアップをつづけていきましょう。

Get Adobe Flash player