• Home
  • 勉強
  • 語学学習に効果的な5つの学習法

語学学習に効果的な5つの学習法

2011年9月23日 | カテゴリー:勉強

語学学習は大変ですよね。膨大な量の単語を覚え、文法事項を頭に詰め込み、リスニングや会話のトレーニングも必要。それだけやってもなかなか上達が目に見えることは少ないと思います。そこで、今回は意外と効果的な語学学習のテクニックを5つ紹介します。

1.単語は一度に大量に覚える

語学学習の基礎は単語覚えですが、この時に、一度に大量に覚えるのが効果的。1日10単語ずつ進めて行くよりも、同じ100単語を10日間毎日学習する方がずっと記憶に留まるのです。これは、何回も英単語を見ることで忘れにくくなっていくからです。

2.忘れないだろうと思ったら復習しない

語学は何より時間がかかりますので、効率を重視した学習が大切になります。自信のある単語は復習しなくてもほとんど覚えているでしょうし、忘れてしまったものがあっても、それを復習するよりも新しい単語を覚えることに使った方が多く単語を覚えられます。

3.同じ洋書を何度も読む

洋書を読むというのは効果的な学習方法の一つですが、上級者になるまでは、新しい本を次々と読むよりも、自分のレベルに合った洋書を選んで繰り返し読み込むことで実力を養うことが出来ます。これは言語を訳さずに理解するために非常に有効な手段です。

4.訳せなくても読み通す

文章を読んでいる最中に、わからない単語が出てくると、その都度辞書を引いて意味を調べるのはあまりお勧めできません。前後の文脈から単語の意味を推測し、文章全体で何が言いたいのかを理解できる力を養う方が、コミュニケーションには重要なことです。

5.リスニングを活用する

リスニングでは、話される言葉を瞬時に理解できなければなりませんから大変ですが、瞬時に理解出来る能力は、読み書きにおいても重要な能力です。聞き取れる文章は必ず読むことが出来るのですから、リスニングを中心に勉強するのは効率的な学習方法なのです。
いかがだったでしょうか。意外な学習方法はありましたか?効果的だと思える学習方法はありましたか?これはあくまでも私見であり、適切な学習方法には個人差がありますが、どれも本当に効果的なものでしたので、一度試してみてはいかがでしょうか。

Get Adobe Flash player