• Home
  • 勉強
  • 短時間に集中するためにすべき5つのこと

短時間に集中するためにすべき5つのこと

2012年1月24日 | カテゴリー:勉強


限られた時間内に、決められた仕事をこなさなければならない場合や、勉強時間があまり取れない場合など、短い時間で集中しなければならないケースはよくあると思います。また、せっかく集中しようとしても、まわりの環境がうるさかったり、別のことに気を取られたりと、なかなか集中できない場合もあるかと思います。そこで、今回は「短時間に集中するためにすべき5つのこと」をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1 気が散るものを片付ける

気を散らせる物は、集中力の最大の敵です。本気で集中したいのなら、気を散らせる物は片付けましょう。気になっている仕事の資料をデスクから片づけてみるとか、テレビを勉強部屋から片付けたりすると効果的かもしれません。

2 集中する時間を決める

長い時間集中しようとしても、なかなか集中できないものです。そこで、集中する時間を決め、なおかつ短く設定してください。大体30分くらいが良いでしょう。30分集中して仕事をし、その後休憩をとり、また30分集中するといった具合に、短い時間をつないで定期的に進める流れを作りましょう。

3 雑音をコントロールする

まわりの音が気になって集中できないという方も多くいらっしゃるかと思います。そのような方は、耳栓を使用するなどしてみるといいでしょう。逆に、多少の雑音がある方が集中できるという方は、音楽を小さい音量で流すなどがいいでしょう。

4 まず数分間やってみる

集中できるかどうかは、最初の数分が肝心です。最初の数分で集中できれば、その後も集中力が持続されます。「集中力が続くだろうか…」などと考えるのではなく、まずは数分間やってみることが大事です。

5 集中する前のイメージトレーニングをする

これから集中して何かをしようとするとき、短い時間で結構ですので、集中している自分と、達成した自分を想像してみてください。潜在意識をうまく活用することで、うまく集中できない人でも、集中できるようになります。

Get Adobe Flash player