• Home
  • 仕事術
  • 遅刻した時に使ってみたい言い訳7つ

遅刻した時に使ってみたい言い訳7つ

2011年10月14日 | カテゴリー:仕事術


社会人として遅刻は当然避けなければいけない事ですが、人生において一度も遅刻がないという人も珍しいはずです。そんな万が一の時のために、職場の空気を悪くしない言い訳を6つ挙げてみます。

1:「孫正義社長にバッタリ会ったから、1時間ほど話し込んできちゃいました」

これは一般の人にはわかりにくい言い訳ではありますが、コンピュータやIT系列の企業であるならば通じる言い訳です。重ねて新製品の技術の話題に繋げていくのがベターです。しかし、本当に孫正義社長の知り合いが職場にいる場合には、失笑を買う可能性もあります。

2:「15分間瞑想をしていたら、巧く集中しすぎて一瞬で時空を越えてしまいました」

ヨガやピラティスなどが流行したことのある職場なら、大いに受け容れられる可能性があります。しかしその方面に異常にハマっている人がいたら、言い訳だと思われなくて「是非とも弟子にしてくれ」なんて言われるかもしれないので、注意してください。

3:「町内限定の竜巻に巻き込まれて、思うように進めませんでした」

これは子供から大人まで幅広く使える言い訳です。自然の脅威には誰もかないませんから。但し、自然災害は不謹慎になる可能性があるので一瞬でホラだとわかるようにしてください。(例:「足立区のうちの町内だけ一時間に5000ミリの超豪雨だったんです!」)

4:「地球を守ってたんですが、フリーザが思った以上に粘ったものですから」

これは止めておいた方がいいでしょう。

5:「AKBのメンバーを記憶しようとしていたら遅刻しました」

これは地味に納得されてしまう言い訳です。興味があってもなくても、全国的に有名なアイドルグループで、48人ものメンバーがいたら覚えてしまいたくなるものです(?)一度使ってしまった場合は、「補欠メンバーを記憶しようと・・・」という応用編を使っても構いませんが、空気は冷めるでしょう。

6:「未確認飛行物体を発見して、追いかけていたら遅刻してしまいました」

これは、不思議なものが好きな人なら受け容れてくれるかもしれません。ですが、あなたの勤める職場の人がその方面に強い興味をもっている場合、危険だと知っておいて下さい。その方がダッシュで会社を抜け出す可能性があります。

最後に、ウソはもちろんいけないことですが、わかりやすいユーモア溢れるホラなら職場の人も快く受け容れてくれるはずです(たぶん)万が一、実践することがあれば、あくまでも自己責任でお願い致します^^;

Get Adobe Flash player