意思疎通を円滑に行うための、5つの心がけ

2011年11月27日 | カテゴリー:コミュニケーション仕事術


同僚との打ち合わせや、上司への報告など、職場における意思の疎通は、日々の業務をこなしていく中でとても重要です。意思疎通が円滑に行われてないと、個人や各部署の成績にも悪影響が出かねません。そこで、今回は意思の疎通を円滑に行うためにすべき5つのことをご紹介いたします。

【1】相手の話で疑問に思ったことは聞いてみる

相手の話で疑問に思う点があっても、聞き返すのに気が引けてしまい、ついついそのままにしてしまった事はありませんか。再確認などの二度手間や、上司から大目玉を食らう前に、相手の話で疑問に思ったことはその場で聞いてみましょう。

【2】相手の立場に配慮する

あなたの職場には、様々な背景や人生経験を持った同僚がおられることでしょう。中には、人種が異なるという場合もあるかもしれません。そのような中で、円滑な意思疎通を図るためには、相手の立場への配慮が必要不可欠となります。

【3】会話中の相槌は適度に打つ

打ち合わせ中や、上司から指示を受けているときは、適度に相槌を打つようにしましょう。相手の相槌があることで、話している方は、相手の理解と同意を得られていることを知ることができます。相槌は会話の基本ですので、忘れないように注意しましょう。

【4】コミュニケーションツールを的確に使い分ける

意思疎通の方法には、直接打ち合わせを行うほか、メールを送ったり、メモ書きを渡すなどの方法があるでしょう。メールで済むことを、直接打ち合わせる必要はありません。コミュニケーションツールは的確に使い分けましょう。

【5】職場でのコミュニケーションは頻繁に

仕事上の意思疎通を円滑に図るためには、普段からコミュニケーションが円滑に図られている職場であることが必要です。コミュニケーション不足の状態では、人間関係もままならず、大事な場面で意思疎通うまくいかない可能性があります。

Get Adobe Flash player