• Home
  • 仕事術
  • 会社で出世するために必ずすべき5つのこと

会社で出世するために必ずすべき5つのこと

2012年1月28日 | カテゴリー:仕事術


最近では、「重い責任を負わされるのが嫌だ…。」などといった理由で、出世を敬遠するサラリーマンも少なくないようです。でも、出世すれば給料も上がりますし、周囲にもいい顔ができますので、やはり出世はしたいと思われる方の方が多いのではないでしょうか。今回は「会社で出世するために必ずすべき5つのこと」をご紹介致します。

1 自分の会社でどのような人が出世していくのか把握する

出世するタイプは、会社によって異なる場合があります。人脈や人柄が重視されるのか、純粋に能力が求められるのか、企業の規模などによっても様々です。そこで、自分が勤めている会社で、いったいどのようなタイプの人が出世しているのか、把握しておく必要があります。

2 上司の趣味・嗜好を把握する

上司と共通の趣味があり、一緒にそれをすることができれば、上司との距離はグッと縮まります。一緒にできなくても、上司の趣味・嗜好を把握しておけば、そのことを話題にするだけで、上司の気を引くことができるので効果的です。

3 健康管理・自己管理には気を使う

肥満体質であったり、喫煙者だからと言って出世できないかというと、そんなことはありません。ただ、健康管理は十分にできてないと、仕事に影響が出てしまいますし、金銭面などで自己管理ができない人は、その能力を疑われてしまいます。

4 広い人脈を築いておく

人事評価の際、特異な人脈が決定打となることがあります。また、昇進した後に、最初から業務を円滑に進められるかどうかは、これまで築いてきた人脈に左右されます。そこで、できるだけ広くて有効な人脈を築いておきましょう。

5 人事評価につながる仕事を意識する

いくら努力をしても、それが人事評価の対象とならない仕事であれば、残念ながら出世にはつながりません。出世するためには、したたかさを発揮し、人事評価に直接つながるような仕事には、できるだけ力を入れるようにしましょう。

Get Adobe Flash player