• Home
  • 仕事術
  • 午前中、効率よく仕事をこなすためにすべき5つの事

午前中、効率よく仕事をこなすためにすべき5つの事

2011年10月07日 | カテゴリー:仕事術


あなたの、仕事のゴールデンタイムはいつですか。「定時を過ぎてから」、という方もおられるかもしれません。午前中はいつの間にか終わってしまい、午後からは会議と電話、メール対応に追われ、定時を過ぎたころにやっと自分の仕事に集中できる、といった方も多いことでしょう。

ところで、最近は「朝活」が流行るなど、朝に注目が集まっています。この朝から昼までの時間を有効利用し、効率よく仕事をしてみませんか。今回はそのためにすべき5つの事を紹介します。

Photo by Vince Alongi

【1】早起きを習慣づける

人の頭が本格的に働き始めるまでに、起床から2~3時間かかると言われています。仕事の開始時間が9時の方は、7時までには起きておくことが必要でしょう。仕事が始まる直前に起きている方は、午前中は、あまり頭が働かない状態で仕事をしている事になりますので、注意しましょう。

【2】朝食を必ず取る

仕事をするために、頭を働かせるためには、エネルギーが必要です。脳は、ブドウ糖を唯一のエネルギー源としています。そして、ブドウ糖は、食事を取り消化することによって、血液中に補充されます。エネルギー源となりやすいのは、穀類ですので、朝食にパンかご飯を食べるようにしましょう。

【3】生活習慣を整える

朝から集中して仕事をするためには、やはり、生活習慣を整えるべきです。せっかく早起きしても、睡眠不足では、頭はあまり働きません。早寝早起きを心がけてください。朝から集中して仕事に取り組むことができれば、残業時間も減り、早めに床に入ることができるようになるはずです。

【4】頭を使う仕事を午前中に

以上の事を守ると、午前中に脳が活発に働いている状態になります。そんな午前中に、思考力が必要とされる仕事をこなしましょう。午前中は、電話やメール対応に悩まされることも、あまりありません。きっと、集中して仕事ができるはずです。

【5】思い込みを取り去る

最後に、思い込みはやめましょう。「そうはいっても、朝はどうも調子が出ない…」、と思われる方もおられるかもしれません。しかし、そのよう思い込みが、朝を気だるくさせている一つの要因になっている可能性があります。

以上の5つの点に注意しておけば、午前中に仕事を効率よくこなせるようになります。ぜひ、実践してみてください。

Get Adobe Flash player