• Home
  • 仕事術
  • 時間の使い方が上手な人が守る5つの習慣

時間の使い方が上手な人が守る5つの習慣

2013年1月09日 | カテゴリー:仕事術


時間の使い方は、その人の人生を大きく左右します。やはり、時間の使い方が上手な人は、そうでない人に比べて、より充実した有意義な人生を送っているものです。そして、時間の使い方が上手な人は、時間の使い方について、共通する習慣を持っているようです。

そこで、今回は、時間の使い方が上手な人が守っている習慣の一部をご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

【1】~しながら別の行動をする

絶えず、2つ以上のことを同時にこなすことで、時間を有効に使うことができます。家事をこなしながら、資格試験用教材の音声を聞いたり、通勤中に新聞や雑誌を読むなどです。仕事も、似た内容の仕事は同時進行するなど、時間を上手く使うようにしましょう。

【2】早めの起床時間を習慣にする

充実した人生を送っている人は、早めの起床時間の人が多いです。これは、1日のうちで集中力が最も高まる、午前中の時間を有効に利用するためです。集中力が高まっている時に、仕事や勉強を集中してこなす方が、効率がいいことを知っているのです。

【3】「思い立ったが吉日」の習慣

なにか物事をしようと思い立ったら、その場でやってしまいましょう。どうするか躊躇したり、後回しにしてしまうと、結局忘れてしまったり、やらなかったりして、時間を無駄にしてしまうことにもなりかねません。

【4】できることからこなして順番にとらわれない

「仕事の優先順位が…」、などと考える必要はありません。今この瞬間に始められることからこなしていけばいいのです。各仕事に優先順位をつけたり、時間配分を考えることは重要ですが、物事は計画通りには行かないものなので、できることからこなしましょう。

【5】物事にかけられる時間を絶えず逆算する

通常、一つのことに延々と時間をかけられる訳ではありません。様々な期限から逆算し、一つのことにかけられる時間が決まっていくものです。これは、仕事の納期などに限らず、ダイエットや人生計画など、あらゆることに言えることです。

以上が、時間の使い方が上手な人が守っている習慣です。ぜひ参考になさってください。

Get Adobe Flash player