仕事をしながら資格試験の勉強をされている方は大勢いることと思います。仕事に必要な資格であったり、転職のためであるなど、その取得を目指す理由は様々でしょう。しかし、仕事や転職に必要な資格のために早急に合格を迫られているのに、勉強が思うように進まず、なかなか合格できないという方もおられるのではないでしょうか。

やはり、仕事と勉強を両立させ、なおかつ合格するためには、それなりの秘訣があるようです。そこで、仕事をしながら短期間で資格試験合格を目指すためにはどうすべきかをご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。


一年の始まりは気を引き締めたいですよね! そこで今回は改めてビジネスマナーを再確認しておく意味で、基本的なビジネスマナーを振り返ってみたいと思います。今年度の新社会人の方も役立ててください。


仕事の面接や習い事の発表会、プレゼンテーションの直前は、どうしても緊張感が高まるものです。練習ではうまくいったことも、緊張しすぎて本番ではうまく出し切れなかった、という経験がある方も少なくないのではないかと思われます。「緊張さえしなければ絶対に上手くいったのに」…そんなモヤモヤした気持ちを抱くことがないように、緊張感しすぎないための方法を覚えておきましょう。

転職を行った人が早期退職を行う理由として、採用のミスマッチという言葉をよく聞きます。これは雇う側と雇われる側のお互いのニーズや、イメージが実際とは異なっている事により起こる現象です。転職を行う人にとっては、退職のキッカケともなってしまうため、このミスマッチを極力避ける事が必要になってきますが、転職者の甘えによる認識不足も無いとは言えません。ここでは簡単な知識として転職者の思い込みによるミスマッチの一般的なケースを紹介します。

社会保険労務士や弁理士といった一部の資格。その資格に縁のない人は業務は非常にわかりづらいのではないでしょうか。ここでは一部の特殊な資格を持つ人達がどういった仕事を行っているのかを簡単に紹介します。

Photo by changeorder

江戸時代などは丁稚奉公として早くから修行を積み、ノウハウを学ぶ事が必要な商売の世界は、現在でも他業種からの転職者にとっては、とても馴染めないと思える部分も多く存在してきます。入社してから気付いたのでは、ミスマッチの原因ともなってしまいますが、転職者の知識不足も否めません。実際接客業に多い他の職種には無い部分にはどういったものがあるでしょうか?

就職活動の際に資格は個人の能力を証明するステータスとなります。資格が必須な職業もあれば、資格を持つことで人より優れている事の証明となる場合もあるなど、資格によって効果は様々で、希望の職種に向けて効率よく取得を行うことで、就職活動が有利になります。ここでは簡単な取得ができる資格を紹介して参ります。

企業の広告戦略などでよく使われる「ブランディング」という言葉。新商品を消費者にいかにアピールしていくかでその商品の価値は変わっていくものです。ブランディングスキルのある会社ほど好成績を残しています。

あなたは、自分の長所や短所をすぐさま言うことができますか?
就職受難といわれる時代を生き抜くための自分をブランディングする7つポイントの紹介です。

Photo by Severin Sadjina

基本給が高いとか、知名度があるとか、社屋の設備が整っているとか、そういった面だけが「優良企業」というわけではありません。実際にそこで働く従業員の不平・不満があまりないような、そんな優良企業とはどんな会社でしょうか?

大事な就職活動においては、そこを見極めたいものです。テレビのコマーシャルで耳にするような有名企業なら分かりやすいですが、就職難の今は多くの人が中小企業も就職先として視野に入れなければなりません。そこで、無名の企業の体質の良し悪しを見極めるチェックポイントをまとめてみました。

Photo by Prozac74

面接の身だしなみのこだわりは人それぞれで、多岐に渡って押さえるべき項目というのが存在しています。そしてアイテムに関する部分も多岐に渡ります。全てのアイテムを押さえるよりも、確実に押えておきたいアイテムをまとめておくことで、いつでもスムーズに身だしなみを整える事が可能になってきます。ここでは重要な6つのアイテムとその使い方を紹介します。

次のページ
Get Adobe Flash player