好感度をあげる6つの会話テクニック

2011年9月21日 | カテゴリー:コミュニケーション

「あの人、しゃべらなければいい人なのにね…」そんな風に思われる人は、意外に多いものです。話し方に落ち着きがなかったり、品がなかったりすることは、せっかくいいことを話していても大きなマイナスとなってしまいます。

1 ゆっくりとした動作を心がける

ちょこちょこ細かく動く人は、やはり落ち着きがなく、余裕が無いように見えるものです。意識して、ゆっくり動くことを心掛けてみましょう。ゆっくり動くということは、ていねいな動作をするということ。それが大物の風格をかもし出します。

2 話す時にもゆっくりと

話し始めを、ゆっくりと始めることがポイントです。話し始めがゆっくりだと、最後までゆっくり話すことができます。自分が言いたいことをすべて伝えようとする必要はありません。基本的なことが伝われば、それでよしとしましょう。

3 体をやわらかくしよう

体の堅さと話し方の堅さは直結します。口も肉体のうちなのです。体がやわらかければ、自然と話し方もやわらかくなるものです。ストレッチや柔軟体操をして、いつも体を柔らかい状態に保つように心がけましょう。

4 陰口は叩かない

話し方はもちろんですが、話の内容も重要です。どんなに素晴らしい話し方をしていても、人の悪口や陰口を言うようでは、品性を疑われることになりかねません。愚痴をこぼしたい時もあるでしょうが、ぐっと堪えることが大切です。

5 未来のことは考えすぎない

話し方を考えることは、もちろん未来の自分が、大きな仕事を任されたり、責任ある立場についたりするためにもなるものです。でも未来のことばかりを考えてしまうと、目の前のことが疎かになってしまいがちなのです。

6 自分の目の前にいる人を大事にする

仕事は人の縁が広がっていくことにより、思わぬ展開を見せるものです。そのためには、まずは自分の目の前にいる人を大事にし、その人ときちんと関係を結ぶことが大切です。未来は一つ一つの積み重ねの先にあるものです。

Get Adobe Flash player