ブログを継続できる人の特徴6つ

2012年3月17日 | カテゴリー:インターネットコミュニケーション


「ブログを続けたいのに続けられない・・・」「どうしてかわからないけどネタが浮かばなくて・・・」とお悩みのブロガーは結構いらっしゃるかと思います。今回は「ブログを継続できる人の特徴6つ」を挙げてみて、ブログを継続するための基本的なコツを考えてみましょう。

1 力が抜けている

 
継続している人に言えることですが、「ここまでは気楽にできる、ここより先は無理が必要」というラインをよく知っています。いい意味で手を抜くことを知っている人です。それでいて継続すれば大きな力になるということも知っているので、力を抜くことに抵抗感がありません。

2 社交的である

 
比較的ではありますが、ブログを継続している人には社交的であり広くオープンな心で運営されている節があります。自分だけの世界であれば、もともとブログで発表せずにノートに書き付ければいいわけですから、ブログの効用を最大限に活用するためには、心をオープンにして通りすがりの人を歓迎する気持ちが必要なのかもしれません。

3 好意的なコメントをエネルギーにしている

 
そして公開を続けていれば何らかの反応があったりします。この反応をモチベーションにしているブロガーは多数います。というか、これこそがブログの醍醐味なのではないでしょうか。少数の批判も時折あるのでしょうが、それをスルーしつつ、多くの悪くない反応を大事にして自分の原動力にしてみましょう。

4 ペースや内容をがんじがらめにしない

 
どうしても自分はこうだからこう書かなければいけない、という縛りを自分で作ってしまうと、きっと何もかけなくなってしまいます。継続している人は、話題が広がりを見せたとしてもそれをうまくネタに使います。時に書かない日があっても柔軟に考える人は気にせず再び書き出せるのです。

5 ブログそのものはツールとしてわりきっている

 
「ブログを書くこと」自体を目的にすると書けないけど、ブログを表現するためのツールとして利用すると意外と続いたりします。それはどのブログにもいえることですが、目的があって内容があるのですから「私はどこへ向かおうとしているのか?」を考えると自ずとブログ内容も定まってくるのではないでしょうか。

6 自分の人生と巧く絡めている

 
ブログを書こうというよりも、ブログに書くことで人生を変えてゆこうとしている人を見かけます。これはもうブログを最大限活用している人です。「私は○○します!」と宣言する事によって自分のモチベーションを高める人や、「私は○○になるために頑張っています」と書くことで応援や励まし、アドバイスをもらうことも悪い使い方ではないのです。

Get Adobe Flash player