落ち込んでいる人を励ますちょっとした心遣い

2011年9月01日 | カテゴリー:コミュニケーション

今の時代、経済は不況で様々な天災も起こり、激動の時代となっています。そういう時、落ち込んでいる人も多いもの。会社だけでなく、友人や知人で落ち込んでいる人を見た時に、どうやって励ましてあげたら良いのでしょう。

まずは相手の気持を察する

相手を励ますその以前に、まずは相手の気持をわかってあげることが大切です。相手の気持は、なかなか言葉にできるものではありませんが、相手の話を聞きながら、その呼吸や雰囲気から、気持ちを察してあげるようにしましょう。

「落ち込んでいる」ということをわかってあげる

落ち込んでいる人の気持ちは、本当には本人しかわかりません。ですから下手に「気持ちがわかる」と言ってしまうと、「わかるわけがない」と怒られることもあります。それより「あなたが落ち込んでいることを、私は十分承知している」ということを伝えましょう。

強がりな人

落ち込んでいる人のタイプとして、「強がり」な人がいます。自分は落ち込んでいるけれど、それを人には知られたくない。プライドが高く、下手に声をかけてしまうと、相手を傷つけてしまうこともあるかもしれません。

強がりな人への励まし方

強がりな人には「だいじょうぶ?」と聞くのはやめましょう。それより話の糸口を探しながら、話を聞いてあげるようにしましょう。強がって初めはなかなか言わない本音を、徐々に話し始めたら、それをじっくり聞いてあげます。

自虐的な人

自分のことを、人が思っている以上に低く考えてしまい、「どうせ自分なんか」という「自虐的」なタイプの人がいます。自虐的な人は何でも自分がダメだと思ってしまうので、その人の良いところを伝えてあげることが大切です。

自虐的な人への励まし方

自虐的な人に、相手の良いところを伝えるためには、具体的なエピソードを交えることが効果的です。「あの時○○○だったのを見て、すごいなと思ったんだ」など。人からそのように見えることを自虐的な人が知れば、自分に自信を持てるようになるかもしれません。

Get Adobe Flash player