人との距離を縮める為の7つのテクニック

2012年3月20日 | カテゴリー:コミュニケーション


コミュニケーションにおいて人と距離を縮めるためには、色んな方法があります。今回は「人との距離を縮める為の7つのテクニック」をご紹介しますので、上手に活用してみてください。

1.丁寧な人間性を見せる

 
大前提として必要なのは基本的な人としてのマナーです。もちろん凝り固まった礼儀作法でなくとも構いませんし、ある程度良心に基づいたマナーでいいのです。むしろカチカチの作法では逆に距離感を置かれてしまうことがあります。

2.友好的であること・敵意がないことを実感してもらう

 
人が未知の人に遭遇した時、何を思うかといえば「この人は自分にとって危険な人か?そうでないか?」ということです。もしあなたに危害や不安を与える意図がないのならば(あっても困りますが^^;)それを明確に表明する事が大事です。

3.共通点を探す

 
人は趣味や嗜好などで共通点を見つけると親近感が湧く、という特性があります。ですから、多くの情報を聞いて自分との共通点を伝える、というのはとても効果があります。相手が話しやすいように耳を傾けましょう。

4.柔軟性・包容力をアピールする

 
人間の他人との距離感を生み出すものとしては「こんなことを言ったら嫌がられるのでは?」という気持ちや「下手な行動を取ったら不機嫌になられたりしないだろうか?」という不安を乗り越えられないところにあります。これをできるだけ無くすことが安心感を生みます。

5.弱みを見せる

 
人が怖れていることのうちに「自分の弱いところや欠点を人に見せる」ということがあります。これは一見困ることのようですが、人は意外と他人の欠点を見て安心感を覚えることが多いようです。この人も人間なんだな、という欠点やミスであれば、曝け出すことも悪くないかもしれません。

6.自分の歴史やブログを紹介する

 
自分の詳しい情報を相手に提供する事で、相手の方で親近感を抱いてもらえる事があります。それは個人の好みにもよりますので、必ずしも好感を向けられるとは限りませんが、日記や日常的なブログなどでは、人に親近感を与えることが可能です。

7.特殊な状況を共有する

 
「もしも、2人だけで無人島に残されてしまったとしたら・・・?」という例え話があります。そこまでとは言いませんが、普段やらない事や珍しい状況で会話すると、他人同士でも距離感はぐっと近くなるという調査があります。

Get Adobe Flash player