新しい人間関係で自然に馴染むための6つの心得

2011年10月24日 | カテゴリー:コミュニケーション


新しい場所には新しい人間関係があります。学校や職場には必ず出会いがあるものです。そんな新たなスタートをスムーズにきるために、6つの心得をここに挙げていきますので参考にしてみてください。

1:マナーを厳守する

人として大事な事は最低限守ってください。挨拶をする、会話する時は目を見る、適度な声で話す、時間を守るなど。そんなことは当然だと思うかもしれませんが、人というのは第一印象がずっと残りやすいものですので、普段よりも余計に気をつけてください。

2:個性を出しすぎない

あなたはあなたの個性を大事にすべきではありますが、それは初対面で開放すべきではありません。アクが強い部分は人を驚かせ、拒否の反応が無意識に出てしまいます。ですので多くの人が共通している部分や、当り障りのない部分から接していくことが、相手の人々を安心させ、受け入れ態勢にさせます。

3:心を開く

これは上記と一見反しているようにも見えますが、そうではありません。あなたが周囲の人に対して裏表を使い分けるようなことがあったら、周囲の人だっていい気持ちはしないでしょう。ですから、決して心を閉じているわけではないですよ、という表現を会話や行動で示しましょう。

4:その場の特有の空気を読む

集団にはそれぞれのルールというものがあったりします。どうしてそんなことをしなくちゃならないの? と思うようなことがあるかもしれませんが、それは何かしらの理由があってそうなっているので、事情がわからないとしても、一定の理解を示しましょう。

5:多くの人とたくさん会話をする

より理解を深めるためには、その場の人と会話をすることが大切です。何より新たな季節や新人などのタイミングは話し掛ける絶好のチャンスです。ここぞとばかりに質問をたくさんすることで、自然と会話も増えて馴染みやすくなっていくでしょう。

6:受け容れる準備をする

あなたが他人を拒絶しているのだとしたら、他人だってあなたを受け容れたいとは思わないでしょう。それぞれの人にはそれぞれの個性が秘められている筈です。そういった異文化を異質なものとして排除するのではなく、積極的に違いを楽しみましょう。

Get Adobe Flash player