質の高い人間関係を構築する5つのルール

2011年12月27日 | カテゴリー:コミュニケーション


「どうしてあの人は才能のある人たちばかりと付き合えるのか?」と疑問に思うことはありませんか。人間関係や人脈というものは不思議なもので「有能な人が有能な人を引き寄せる」という法則があります。今回は、そんな質の高い人間関係を構築するための条件を模索していきましょう。

1 個の力を磨き高める

 
一番のシンプルで難しいことはこのことです。どんな人だって一芸に秀でた人を見かけたら「おお!」と注目せずにはいられません。自分の好きなことや得意なことを追求して、匠の域にまで高めることができるならば、その向上心に感嘆して集まる人は、それに共感できる人ではないでしょうか。

2 積極的に行動・アプローチする

 
自分の殻に閉じこもっていても人間関係は広がっていきません。10人の知り合いの中から結婚相手を探すつもりなら、あなたの本当に望む相手を見つけられる可能性は、ゼロに近いといえます。どんなときでも100人、1000人とアプローチすることで、本当にあなたが積極的にかかわりたい人が見つかるはずです。

3 ダラダラとつきあわない

  
自分はそうとは思っていなくても、あなたの時間を積極的に奪おうとする人は出てくるかもしれません。その場合、あなたの許す範囲で時間を取り、それ以上はハッキリとストップをかけるべきです。現実にはダラダラした人間関係や付き合いが一番多いものですが、その曖昧な関係がその人の将来の可能性を奪っているかもしれないことを考えなくてはいけません。

4 どんな人間でも見下さない

  
「私はあなたのような人たちとは格が違うからつきあわないのだ」と思っているとしたら、それは大きな間違いです。紳士的であってください。あなたが時間を割けない相手だとしても、それは尊敬すべき人間であり、学ぶべき相手であることを知っていてください。あなたが有名で忙しい人だと仮定しましょう。その上で失礼な態度や発言をしているとしたら、それは良い人間関係というよりも単に傲慢な人たちの集まりとなるでしょう。

5 どんな面白いことで世の中に貢献できるかを真剣に考える

 
誰も人の生活を支えるために協力しようとは思いませんが、世の中のためになることや、話題になるほどの面白いことなら参加したくなるものです。あなたがどんな形で社会に貢献できるのか考えて考えて考え抜き、それを発言してみてください。その目標は行動力も伴わなければ実現しないことですが、現実を見据えながら壮大な夢を描くことをやってみてください。それに魅せられる人は、少なくないはずです。

Get Adobe Flash player