コミュニケーションで失敗しないために守るべき5つのこと

2012年1月16日 | カテゴリー:コミュニケーション


上司との会話や妻との会話など、大事な人の会話で失敗したことはありませんか。コミュニケーション能力に不安を抱えている人にとって、日常生活や会社における会話は、時に不安やストレスの原因となる場合があります。でも、コミュニケーションで失敗しないための秘訣を知っておくことで、そのような不安やストレスを和らげることができるでしょう。そこで、コミュニケーションで失敗しないために守るべきことをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

【1】できるだけ相手の要求に応えるように話す

会話の間を持たせようとして、自分のことだけを一方的に話す人がいますが、これでは相手を疲れさせてしまうだけです。相手がどんな内容の会話をしたいか、相手の趣味嗜好は何なのかよく考え、できるだけ相手の要求に応えるような会話を心がけましょう。

【2】相手の話をさえぎらない

相手が質問を終えないうちに、こちらから話し始めたりしてしまった経験はありませんか。これが続くと、話をさえぎられた相手は、どんどんストレスが溜まっていきます。相手の話や質問は、絶対に最後まで聞くようにしましょう。

【3】自分の考えを押し付けない

自分の考えや主張を話すことと、押し付けることは違います。大抵の場合、相手の考えを押し付けられると、「もういいよ…」となるか、言い争いになるのではないでしょうか。コミュニケーションで失敗しないためにも、自分の考えを押し付けるのは絶対にやめましょう。

【4】相手の思考傾向を把握する

思考傾向は、性別や年齢などによって大きく異なります。また、皆が皆、上昇志向が強いわけではありません。人とコミュニケーションを図る際は、相手の思考傾向をある程度把握した上で、会話をするように心がけましょう。

【5】コミュニケーションは単なる情報のやり取りではないことを理解する

コミュニケーションは単なる情報交換ではありません。コミュニケーションは、感情や意思を同時にやり取りするものです。無機質な言葉のやり取りばかりしていると、もうだれもあなたとは会話をしてくれなくなるかもしれません。

Get Adobe Flash player