スムーズなコミュニケーションを取るために気を付けたい6つのポイント

2011年8月12日 | カテゴリー:コミュニケーション

仕事をしていく上でも、生活の上でも、人間同士のコミュニケーションは大切です。でもこれはそうそう簡単なものではありません。相手との会話で、言葉のキャッチボールがきちんと出来るようになるためには、どうしたらよいのでしょう。

Photo by Bindaas Madhavi

1 相手の言うことをきちんと受け止める

相手が自分と違う意見を言うと、多くの場合すぐに反論が頭に浮かんでくるものです。ましてや批判されると、頭に来る人もいるでしょう。でもその時、一呼吸置いて、相手の言うことをまずは受け止めるようにしましょう。

2 相手の真意を考える

相手が何か言ったことが、ただ言葉の表面的な意味だけでなく、言葉には明確に表現されない真意を持つことはよくあることです。とくに批判されたりした時、相手はその批判によって、本当は何を言おうとしているのかを考えることは大切です。

3 前向きでいる

いつも相手のマイナス面にばかり目を向けると、つい細かい一つ一つの問題を指摘してしまいがちになります。しかしそれでは、相手も気分がよくありません。こちらが前向きでいれば、相手も前向きになり、海和は自然にはずんでいくものです。

4 きちんと敬意を払う

敬意を払われれば、相手は嬉しくなります。そうすれば楽しい会話が自然にはずんでいくことになります。逆に自分が敬意を払っていないことが相手に伝われば、相手の気分はよくありません。相手に敬意を払えるポイントを見つけるようにしましょう。

5 相手の目を見て話す

「アイコンタクト」はコミュニケーションの基本です。それは相手の話をきちんと聞いていることを、相手に示すことになります。相手の目をずっと見続けることはありません。でも時々相手の目を見て、頷くようにしてみましょう。

6 相手の話をさえぎらない

相手の話をさえぎることは、マナー違反であるとも言えます。人の話はきちんと聞く。これはコミュニケーションの基本です。ただあまりに話が長い人は、なんとかきちんと話が終えられるように、相手が話すのを手伝ってあげるようにしましょう。

Get Adobe Flash player