コミュニケーション力!主要な3つの力

2012年2月27日 | カテゴリー:コミュニケーション


コミュニケーションの力は今やプライベートにおいてもビジネスにおいても欠かせないスキルとなっています。しかしその中でも真に通じ合うことができるスキルを持っている人は少数です。今回はコミュニケーションスキルの柱である〝3つの力〟を紹介します。

1 聴く(聞く)力

 
人々は誰しも自分の意見を持っています。それが例え誰かの受け売りなのだとしても、「これが私の主張なのです!」というように人に聞いてもらいたいものなのです。一つ目の「力」は自分の言い分をぐっとこらえて、相手の話にじっと耳を傾けるという技術です。 この聴く力はさらにいくつかの要素に分けられます。一つには「同意」です。聞いている間、相手はあなたがコミュニケートしたがっているかどうかを気にします。時々頷きや合の手を入れることで、相手は安心できます。 
もう一つの要素は「受け容れる」ことです。どんな意見であれ「それがあなたの意見なのですね」と丁重に受け取ることは大事なことなのです。「そんな意見なんてくだらない」などと見下したりすると、相手はあなたがコミュニケートすべき相手とは思わなくなるでしょう。 そしてさらに「理解しようと努力すること」が大切です。他人の意見ほど比重の軽いものはないと思っている人がいますが、それではその人は永遠に進歩は得られないことになりますよね。

2 質問する力

 
2つめの「力」は質問する力です。質問は会話を進展させたり展開したりする力を持っています。互いの思想を理解するためには、深く掘り下げることが必要ですが質問にはそれを引き出す力があるのです。そしていつも良い質問というのは良い答えを引き出すというのが昔からの賢者の言い伝えです。「質問力」を是非とも磨きましょう。

3 表現して伝える力

 
3つ目の「力」は表現して伝える力です。的確な言葉を選んで、相手に理解しやすい表現で伝えようとすることは、シンプルながらどんな伝達者でも難しいことなのです。思いの「意味」を伝えることが大事なのか、「感情」を伝えることが大事なのか、それはそのケースに応じて考えてみてください。

Get Adobe Flash player