会話術に長けた人が守っている「話し方の習慣」とは?

2011年11月11日 | カテゴリー:コミュニケーション


新商品のプレゼンや、人前での簡単なスピーチなどを、とても上手にこなす人います。自分も彼らのように、「人前でうまく話したり、相手とうまく会話ができれば…」と思われた方も、多いのではないでしょうか。彼らのように、会話術にたけている人は、その守っている話し方の習慣があるようです。

今回は、彼らの話し方の習慣をいくつかご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

【1】まず話しやすい空気を作る

「つかみ」という言葉があるように、会話術にたけている人は、まず話しやすい空気を作ることがとても上手です。普段から、いくつかの「つかみ」のパターンを考えておき、その場の状況に合わせて使い分けているのでしょう。

【2】話は大まかな内容から個別具体的な内容へ

こうすることで、話はかなり聞きやすくなります。大まかな内容を先に示されることで、聞き手はこれから話される内容を予想するなど、想像を働かせながら話を聞くことができるからです。話をするときには、大まかな内容から個別具体的な内容へと話を運ぶようにしましょう。

【3】話のポイントを3つ以内に絞る

プレゼンの上手な人が、「これには3つのメリットがあります…」、などと話を切り出すのを聞かれたことがあるでしょう。話しのポイントを3つ以内に絞って話すことで、とても理解しやすくなります。4つ以上だと聞き手に苦痛になるようです。

【4】話は短くテンポよく

話が冗長だったり、説明的だと、その話はとても聞きにくいです。明石家さんまさんなど、テレビで見かける名物司会者は、話が短く、テンポも抜群にいいです。なかなかまねできるものではありませんが、ポイントは、「話は短くテンポよく」です。

【5】難しい言葉はほどほどに

話の上手な方は、難しい横文字や、専門用語をさほど使いません。理解しやすい言葉に置き換えたり、使ったとしても簡単に説明を加えたりします。これは、難しい言葉の意味や専門知識をきちんと理解できているからでしょう。

以上が、会話術にたけている人が守る話し方の習慣です。少しでもまねしてみるのはどうでしょうか。

Get Adobe Flash player