初対面での会話5つテクニック

2012年1月10日 | カテゴリー:コミュニケーション


初対面の相手との会話は誰でも緊張してしまうものです。初めて喋る相手だからこそ、嫌われたくない。でも、どんな会話をしたら相手に良く思われるのだろう。会話の間が気になって仕方がなくなることもよくあることでしょう。そこで今日は皆さんに、初対面の人にも好意を持たれる会話テクニックを紹介したいと思います。会話は人間が生きていく中で必要なものであり、死ぬまで付きまとうものです。会話が上手いことで損になることは何もありません。皆さんも上手な会話をして、より人生を楽しみましょう。

1 まずは挨拶

会話の基本は挨拶から。これは初対面でも変わりません。挨拶なんて当たり前と思われるかもしれませんが、意外と出来ない人が多いです。挨拶がしっかり出来る人と出来ない人では、第1印象が全く違います。挨拶をして会話のきっかけを作りましょう。

2 出身地の会話

出身地の話は初対面の相手だからこそ出来る会話です。故郷に対するネタは誰でも持っているので話しやすいネタであることは間違いありません。この会話内容から入って、話を飛躍させていくということができるネタですので、是非活用してみて下さい。

3 会話の後には笑顔を

会話の中での笑顔は相手に好印象を与える必須テクニックです。しかし、自然な笑顔を作ることはなかなか難しいもの。相手が初対面となればなおさらでしょう。コツは、自分が喋ったあとに「に」と声に出さずに言うことです。これだけで相手には笑顔に見えてしまいます。

4 誰でも話しやすい話を

初対面で相手の深い話を聞こうとすると、相手に不快な印象を与えてしまうことがあります。血液型や好きな音楽、ファッションの話など当たり障りのない話をすることが無難だと思います。

5 7:3の割合で相手の話を聞く

話し上手は聞き上手。話が上手い人の会話をよく聞いていると上手な人程、自分が話していません。自分から会話を切り出すけれど、相手に気持ち良く話させ、適度に相槌をいれることができる人こそ、本当に会話が上手だと言えるでしょう。

Get Adobe Flash player