自分を変えるための5つの方法

2011年12月24日 | カテゴリー:コミュニケーション人生


今の自分に、すべて満足している人はいないと思います。誰しもが、「ここを変えたい」とか、「ああなりたい」という願望を抱いていることでしょう。しかし、そう簡単に人は変われるものでもありません。そこで今回は、「自分を変えるための5つの方法」をご紹介いたいます。まずは自分自身の今の在り方を振り返りながら改善方法を試してみましょう。

1 時間配分を変えてみる

自分を変えようと思い立ったら、生活のリズムごと変えてください。そして、しっかりスケジュールを組むことです。
変えようと決心した以上、なにかしらの犠牲は覚悟しなくてはなりません。新しいスキルを身につけるために必要な時間を設けるため、あなたの娯楽を少しだけ削ってください。

2 環境を変えてみる

思い切って取り巻く様々な場所を変えてみましょう。環境が変われば、それに応じてあなた自身もかわるはずです。環境の影響を甘くみてはいけません。そして、「自分を変えるために環境まで変える必要ないよ」と、怠惰に考えていても状況は改善しません。あなた自身を変革したいのなら、あなたの成長の妨げとなっている要因は取り除いていくべきです。それは何なのか、今の環境にどう関わっているのかを考えてみましょう。

3 付き合う人を変えてみる

こんな言葉があります。「あなたの周りにいる五人が、あなた自身をつくっている」
人は周りの影響を受けないわけにはいきません。そこで、あなた自身がなりたいと思う相手と距離を近づけるため、積極的に歩み寄っていくようにしてみてください。今までの交友関係があなたに悪影響を及ぼしているとは限りませんが、今までとは違った価値観や世界に触れてみるために、暫くの間はあえて距離をおくことも必要かもしれません。

4 習慣を変えてみる

シェークスピアの著作に「人が習慣をつくり、習慣が人をつくる」という言葉があります。
つまり、「あなた自身=あなたの習慣」ということになります。あなた自身が変わりたいのであれば、良くないと思う習慣を変えていくようにしましょう。改善する努力を重ねる日々は、確実にあなたに変化をもたらす筈です。

5 自己評価を変えてみる

生物にはホメオスタシス(恒常維持機能)とよばれるシステムがあります。自分が居心地のよいという環境に、自分自身を合わせる機能です。自分を変えたいと思うなら、まず「居心地が良い」と思う環境そのものを変えるのです。具体的には、「自分なら、もっと素晴らしいことができる」と思い続けることです。そうすれば、あなたのホメオスタシスは、低い位置では安定せず、高い位置で維持しようと働いてくれることでしょう。

Get Adobe Flash player