人事担当者へプラスイメージを与える人の特徴

2011年7月19日 | カテゴリー:就職・転職

人事担当者は面接の段階で、面接者に対し入社した後の姿をイメージします。このイメージは担当者の経験に基づく場合が殆どですが、全て面接の受け答えで決められてしまうという点が一つの大きな特徴です。つまり、面接で良いイメージを想像させる事ができれば、このイメージが合格の決め手ともなってきます。実際に担当者はどういったプラスイメージを、面接者に対し描くのでしょうか?

1 明るさは一つの個性

会社には様々な性格の人がいますが、明るい人と暗い人を比べたらどちらが会社に良い影響を与えるでしょうか?ここでいう明るいとは、前向き・話しやすさ・笑顔など総合的に判断されます。明るい事は一つの個性で、円滑なチームワークを行う際に最も有効なスキルです。明るさに自信がある人は、様々な角度からこの明るさを見つめ、積極的にアピールを行いましょう。

2 足りないスキルを補える人

会社にとって必要ながらも不足しているスキルを持っている人は、会社のカンフル剤としての効果を期待されます。年齢なども一つの要素に該当します。平均年齢の高い会社であれば若さは重要なカンフル剤となり、平均年齢の低い会社であれば社会経験やビジネスマナーを持っている人は重宝されます。このように何がこの会社に不足しているかを、様々な情報から事前にこの会社にとって足りない部分を予測しておけば効果的な場合もあります。

3 即戦力となる人

中途採用の場合、会社の望む人材の殆どはこの即戦力の人です。しかしそれには実績のアピールが必要です。もし選んだ会社が即戦力として働けると思った場合、職務経歴書を活用し詳細な数字によるアピールだけでなく、その時の状況を思い浮かべ、どういった点に苦労したかなどを事前にまとめておけば、即戦力として効果的なアピールが可能になってきます。

4 この人は辞めないと思わせる人材

会社にとって一番困るのは、採用後すぐに退職する人です。この長く働いてくれる人の判断は、実際に仕事が行なえるかどうかだけでなく、正直さや誠実性など性格に関わってくる部分と、明確な退職理由が存在し、離職中の空白期間が短いという環境も必要になってきます。もし、性格面・環境面共にこの状況に該当するのであれば、性格と環境面を中心にアピールする事も一つの方法です。

5 リーダー性のある人

リーダーに求められる人材は、人の話をしっかり聞くだけでなく、慎重な立ち振る舞い、そして時には相手を説得させる力も必要です。普段の実践力が大きな鍵を握りますが、会社にとってすぐにでも欲しい優れた人材と思わせる事が重要になってきます。募集職種にリーダー性が求められ、人間経験が豊富で駆け引きに長けている人であれば、この線で押してみるのも一つの方法です。

 

Get Adobe Flash player