これをすれば快適に眠れるようになる5つの方法

2012年12月11日 | カテゴリー:美容・健康


睡眠に悩みを抱えている方は少なくないでしょう。睡眠が十分に取れてないと、次の日の仕事や学業など、様々な活動に支障が出てしまいます。睡眠は人の活動の基本となるので、できるだけ良質な睡眠を毎日取りたいものです。

そこで、これをすればより快適に眠れるようになる5つの方法をご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

【1】寝室の温度は低めに設定する

寝室の温度が高かったり、湿度が高いと、あまり熟睡できません。快適な睡眠を取るためには、大抵の場合、室温は26℃前後、湿度は50パーセント前後がいいようです。エアコンなど使用して、寝室内の温度と湿度を調節してみてください。

【2】睡眠前のコーヒーや飲酒は避ける

コーヒーには覚醒作用があるため、寝る前には飲まないようにしましょう。また、寝る前にお酒を飲むことでよく眠れるようになる、という間違った認識をされている方はおられませんか。アルコールは睡眠を促しますが、睡眠を浅くする効果があり、良質な睡眠の妨げとなります。寝る前は飲酒も避けましょう。

【3】寝る1時間前からは仕事や勉強はなるべくせず、
   心身をリラックスさせる

仕事や勉強など頭を使う作業をすると、脳が覚醒しなかなか寝付けず、貴重な睡眠時間を減らしてしまうことになりかねません。仕事や勉強は寝る1時間前には切り上げ、寝る前には心身をリラックスさせるようにしましょう。リラックスの方法は人によって違うと思いますので、自分に合ったリラックス法を試してみてください。

【4】枕の高さは高すぎず低すぎず

快適な睡眠のためには、「枕の高さ」はとても重要です。一般的に、枕の高さは、横を向いて寝たときに、背筋が曲がらない程度の高さがベストだとされています。睡眠の質に悩んでいる方は、枕の高さも見直してみましょう。

【5】夕飯には消化の良いものを

肉を多く使う料理などは消化に時間がかかり、寝る前に食べると、快適な睡眠を妨げる場合があるようです。快適な睡眠のためには、夕飯に消化の良いものを食べ、寝る3~4時間前には夕飯を済ませておくと良いでしょう。

以上が、快適な睡眠を取るための方法です。ぜひ試してみてください。

Get Adobe Flash player