早めの対策を!人体に悪影響の黄砂への対抗策6つ

2012年4月24日 | カテゴリー:美容・健康


東アジアの乾燥地域の砂塵が上空を通って、日本の地上にまで到達する黄砂は、人体にとても有害な物質が含まれていることが確認されています。そしてそれは咳や喘息などの呼吸器官への被害を引き起こすだけでなく、長期的な健康への危険性が警告されています。今回はそんな黄砂の被害を最小限に抑えるための6つのポイントを紹介します。

1:黄砂情報をチェックする

 
黄砂が大量に飛散してくるときには、必ず公式の黄砂情報が入ります。政府の黄砂情報サイトなどでこまめにチェックしましょう。近日の予測図などもありますので、外出の予定がある日や時間帯を前もって調べておくと安心です。

2:高機能マスクの装着

 
マスクは口や鼻からの黄砂に対して有効です。しかし、通常のマスクですと隙間から黄砂が入り込む可能性が高くなります。ピッタリ自分にフィットするもので、機密性の高い高機能マスクを利用しましょう。目のガードのためには、ゴーグルを装着するといった方法もあります。

3:帰宅したら必ず衣服を洗う

 
目に見えないような状態でも、黄砂の時期には衣服に細かい黄砂の粒子が付着している可能性が大いにあります。外出した衣服は、なるべくそのまま室内に持ち込まないようにしましょう。室内に入る前にはたいたり、直後に洗濯するなどの対応をしましょう。

4:洗濯物を部屋干しする

 
洗濯物を室外で干していたら、いつのまにか黄砂が衣服に付着していた、なんてことがあります。現在黄砂が飛散していなくとも、どの時間帯に黄砂が増加するかはわかりません。それを防ぐためには、黄砂の時期は室内でも洗濯物を干せるような工夫をしておくといいでしょう。

5:外出の機会を減らす

 
まったく外出しないことは不可能ですが、健康には変えられないのでなるべく黄砂のタイミングでは外出しないようなライフスタイルを心がけましょう。家に居ながらネットスーパーや通販を利用するのも手です。(配達されてきた荷物にも黄砂が付着しているかも、という方は、水ぶきなどすると安心です。)

6:窓を閉め空気清浄機を使う

 
天気のいい日は外気を取り入れたくなるものですが、黄砂の飛散している時期はなるべく窓を閉じ、空気清浄機などを利用して室内の空気を保つようにしましょう。お部屋の広さにみあった空気清浄機を使うのがベターです。

Get Adobe Flash player