大和撫子必見!黒髪を美しくをキープする方法

2011年10月25日 | カテゴリー:美容・健康


美しい黒髪というのはまさに、大和撫子の美を象徴するものです。しかし、髪というのは、非常にダメージを受けやすいものであり、かなり神経質にならないと、そのダメージから髪を守りきることはできません。ゴムでぎゅっと結んでるだけでも傷みますし、紫外線からもダメージを受けます。さらに、最近では髪を染める女性や、アイロンなどで毎日髪を「やけど状態」にしている女性も多いので、黒髪の綺麗な女性というのは希少価値になりつつあります。では、現代における髪トラブルとはどのようなものがあるのでしょうか?

1 ヘアアイロンなどで頭髪を傷めつける

まず、アイドルの髪などを思い出してみましょう。彼女たちの髪は驚くほどサラサラです。まっすぐに伸びたその髪は、踊るたびにしゃらんと靡きます。しかし、ああいった髪は、よく見ると傷んでいるものです。アイロンなどの熱を当て、毎日毎日まっすぐに伸ばして、形状を維持できるように「跡をつける」のですが、もちろん、高温のものに毎日髪を当てていれば、当然その髪は傷みます。しかし、傷めれば傷めるほど巻髪がしやすくなり、アイロンの効果も出やすくなっていくので、毎日アイロンを使っていると依存状態になりがちなのです。つまり、一見するとまっすぐに美しく伸びているその髪も、よく見ると、弱って細くなり、傷んでいる状態なのです。

2 傷まないようにするために

では、傷まないようにするにはどうしたらいいのかと言うと、「髪が傷むことはしない(絶対に染めずに、アイロンは使わない)」というのが、やはり一番良いことなのです。使うにしても、アイロンの熱から髪を守るためにしっかりケアするべきですし、毎日使うのではなく、使わない日を増やしながら様子を見るのが大事です。

3 日頃の手入れもぬかりなく

そして、夏は紫外線などから守るためにヘアローションなどをしっかりと使うようにし、毎日帽子をかぶっている人は、かぶらない時間を増やすことで、傷みの原因から髪を守らなければなりません。また、銀座のホステスさんのようにしっかり髪を結い上げることも、その人の髪を痛めつけます。もしきつく結い上げるのであれば、椿油などでケアしながら結うようにすることをオススメします。

さいごに

髪というのは、頭皮の健康状態が如実に表れるので、頭皮マッサージは必須です。そして、髪の先に枝毛などができると、切ってケアしないとどんどん絡まってひどくなっていくので、定期的に美容院でカットしてもらうことも、美髪をキープするコツです。今の時代、美しくしなやかな黒髪は希少価値です。黒髪をポリシーにしている人は、その希少な美を守っていきましょう。

Get Adobe Flash player