腰痛を改善するための4つの方法

2012年2月03日 | カテゴリー:美容・健康


日常生活において一番使っている体の重要な部分が腰です。歩くにも座るにもこの腰が大切な役割を担っています。腰という部分は普段からのケアが大変重要なのです。今回は腰痛をケアする方法、腰痛を解消する方法についてご紹介したいと思います。

1 腰痛に効くツボを押そう

体の両脇に腕をしっかりとつけてみましょう。その時後ろから見て、手のひじの高さにあるツボ、肩甲骨の内側からまっすぐ下のところにあるツボ、これが腰痛に効くとされている志室というツボです。ここを日常の生活の中で毎回、ゆっくりと押してあげましょう。

2 適したマッサージをしよう

両手を使って脇腹をつかむような感じで腕を固定します。そして両手の親指を使って肋骨の下、背筋の下当たりを少し強めに圧迫して下さい。またぎっくり腰なども急な腰痛に悩まされた時の運動としては、腰をゆっくりと左右にストレッチをして、あえて少し筋肉を動かしてあげることが効果的と言われています。但し、本当に痛くて仕方がないと感じた時は無理せずに専門医に相談しましょう。

3 普段の姿勢を正しく保とう

日常生活の中で腰に負担をかけないような姿勢をとることが大切です。まずは常に姿勢を正しく保つということが大切です。座るときだけではなく立っているときにも良い姿勢を保つ努力をしましょう。その時の姿勢のかたちは自然なS字型カーブを維持するよう心がけて下さい。また、普段から腰に負担をかけないような所作が大切と言われています。中腰になるのを避けるには、膝や股の関節を使って動くようにして下さい。腰に負担をかけない為には手だけ、腰だけでなく、体全体の関節とバランスをとる姿勢が大変重要です。

4 腰痛に効く食材を摂ろう

腰痛に効果的な成分はカルシウムと言われています。腰痛はもともと骨の靭帯や骨の筋肉が弱ってしまうことが原因で起こります。骨を強くする為にはカルシウムが必要不可欠ですね。また、カルシウムの吸収を助ける為の成分として必要な成分はビタミンDやたんぱく質が必要です。これらの成分を多く含む食材を多く口にすることで腰痛を防ぐことができます。
カルシウムを多く含む食材で有名なものは牛乳や乳製品、大豆や小魚などの食材が上げられます。また、適当な日光浴を行うとビタミンDが体内で活性されるとも言われていますから、適度な日光浴を日頃の生活に取り入れましょう。

Get Adobe Flash player