• Home
  • 人生
  • 伸びしろを広げる為の5つの方法

伸びしろを広げる為の5つの方法

2012年2月04日 | カテゴリー:人生


あなたは仕事で本当に100%の力を発揮できていますか。「はい」、と答えられる人はごくわずかだと思います。人は生きていく中で、個人差はあれど徐々に成長していきます。とはいっても、漫然と日々の仕事をこなしているだけでは、実力は衰えてしまいます。今回は「伸びしろを広げるための5つの方法」をご紹介致します。

1 自分の可能性を自覚しよう

「今の実力以上は発揮できない」と、自分で限界をつくってしまうとそれ以上の成長は望めません。能力に個人差はあれど、あなたが物足りなく感じている今の実力は、他の人から見たら羨ましく感じるものもあるのではないでしょうか。まずは自分が成長途中だということを、前向きに捉えてみましょう。

2 時間的な制約を設ける

資格試験の試験中などに、いつもより高い実力を発揮できたという経験はありませんか。それは、脳が時間的な制約を意識したことで、普段より集中力が高まったものと思われます。そこで勉強や家事、仕事など、普段から優先する事は、時間的な制約を設けて片付けましょう。

3 周囲の目や評価に萎縮しない

人が集中力を削がれる原因の1つに、他人の目や評価があります。自分の行動に対する評価や、失敗した時の周囲の目に対する不安が、集中力を妨げているのです。それは、ひいては自分の実力を半減させてしまいます。本当に結果を出したい時は、周囲の目や評価よりも、今目の前にあるものに重点を置いてみてはいかがでしょうか。

4 ストレスのコントロールをする

普段よりも高い集中力や成果を出すには、心に大きな負担がかかっていない時が一番です。そこで、日常的に溜まっていくストレスをきちんと発散できるよう、自分の心の状態を客観視する訓練をしましょう。いつでも万全の力を発揮できるとは限らないのが人間です。自分の調子が良い時、悪い時の感覚を掴むことは、今後の成長に役立つ大切な要素です。

5 一つのことに徹底的に集中する

普段の日常生活では、人の意識は多方向に分散されているそうです。この分散された意識を、一つのことに集中できれば、きわめて高い集中力を発揮することができ、実力を出しきることができます。仕事なら仕事、勉強なら勉強にとことん集中しましょう。一つ一つをこなしていくことで、実力を伸ばすために必要な自信も身につきます。小さな事でも、コツコツと経験を重ねていきましょう。

Get Adobe Flash player