• Home
  • 人生
  • 働きすぎ注意!ハードワーカーの落とし穴チェック4つ

働きすぎ注意!ハードワーカーの落とし穴チェック4つ

2012年2月02日 | カテゴリー:人生仕事術心と身体


もはや日本人の習慣となっている「ハードワーク」早期出勤、サービス残業は当たり前、頑張ることはすばらしいことかもしれませんが、自分の人生を台無しにしてしまうほど働いていたのでは、本末顛倒ですよね。今回は「働きすぎ注意!ハードワーカーの落とし穴チェック4つ」をお届けします。

1 睡眠不足による重大な事故のリスク

 
みなさんもよく知っている睡眠不足のリスクは、想像以上のものがあります。それは単純に仕事の効率のことを考えても「7時間はちゃんと寝るべきだ。そうでないと大事故の起こるリスクの方が高くつくことになる」という学者もいるくらい、これは重要なことなのです。

2 長期の睡眠不足による健康被害

  
そしてそれよりも大事なことは、散々こき使われてノルマや売上を達成したのだとしても、その成果と、あなたの人生を取りかえるには割が合わないということです。長期に渡る睡眠不足は、決定的な健康被害をもたらすことはよく知られています。特に人間の中枢である脳を皮切りに、内臓疾患などのリスクも急激に高まることが知られているのです。

3 感受性の鈍磨

  
タフになる、ということは一つの側面からすると強くなることを意味しています。しかしこれは、逆から見れば敏感さがなくなる、ということでもあるのです。ハードワーカーでも自分は繊細だと言う人も見受けられますが、真に繊細な人、例えば子供から見た場合「どうしてそんなに生き急ぐのだろう?」と疑問を持たれるでしょう。ハードワーカーの多くはのんびりしている人や自然に対して寛容になれません。これは、自己の内に強いストレスを抱えているが故に、他人の人生までそうでなくてはいけない、という錯覚に陥ってしまっているのです。

4 他人に対するプレッシャー

  
3のことから発展したものがこれです。あたかも全員が平均点を上げなければ全員死ななければならないとでも言いかねないような強迫的な学校のように、一体最初の目的はなんだったのかを見失っている状況になることがあります。「発破(はっぱ)をかける」という言葉がありますが、押し潰す事とは違うはずです。ハードワークが当たり前の企業では、誰もがラインを下げないことによって、誰もが心を病んでしまうという「精神的なデフレスパイラル」に陥ってしまっています。

Get Adobe Flash player