• Home
  • 心と身体
  • 色を上手に利用して、モチベーションをコントロールする方法

色を上手に利用して、モチベーションをコントロールする方法

2011年7月22日 | カテゴリー:心と身体

皆さんは普段、部屋やオフィスの色を気にして生活をした事はありますでしょうか?多分、ほとんどの方が普段、何も色を意識する事無く、生活しているかと思います。しかし、色というのは人間のモチベーションを大きく変えてしまう力があるのです。今回は、色を上手に利用して、モチベーション・やる気をコントロールする方法をご紹介致します。

やる気を出すには暖色系を

バリバリと仕事をこなしたい。やる気を出して、仕事に向かいたい。そんな方は、仕事部屋やオフィス、デスク周りに暖色系の色を取り入れてみましょう。暖色系の代表的な色と言えば、赤です。赤い部屋に居る場合と、青い部屋に居る場合、同じ気温・湿度でも赤い部屋の方が温かく感じるという研究結果があるそうです。赤い物を見ると、人間は体温が上がり、活動的になる事が出来ます。やる気を出したいという時は、暖色系を取り入れてみましょう。

落ち着きたい時は、寒色系の色を

少し疲れて、心と体を休めたい。そんな時、誰でもありますよね?そんな時は、暖色系の色を取り入れてしまうとなかなか疲れを取る事が出来ませんし、落ち着く事が出来ません。そのため、暖色系とは逆の、寒色系。つまり、青や水色等を取り入れてみましょう。青や水色の物が周囲にあるだけで、落ち着く事が出来るはずです。

カーテンを利用して、目的に応じた部屋作り

やる気を出したい時、休みたい時、暖色系・寒色系の色の使い方については、解説させて頂きましたが、なかなか毎回目的に応じて周囲の色を変えるのは非常に大変な事だと思います。そのため、もし自宅に部屋が複数あるのであれば、目的に応じた部屋を作る事をお勧めします。その際、最も手軽に部屋の色を変える事が出来るのがカーテンです。カーテンの色を変えるだけで、部屋の印象・色は大きく変わりますので、手軽に誰でも出来てお勧めです。

最後に

色を使って、モチベーションのコントロールをする等という事は、多分多くの人は意識していないかと思います。しかし、タイガーウッズがいつも赤い服を着てプレイをしている事、元野球選手の古田選手が青いグローブを使っていた事、どれも意味があったのです。赤い服はやる気、モチベーションを上げるため、青いグローブは投手を落ち着かせて、安定してピッチングをさせるため。色を上手に利用すれば、モチベーションや、やる気がある程度コントロールする事が出来ます。ぜひ、皆さんも一度お試し下さい。

Get Adobe Flash player