• Home
  • 心と身体
  • 短時間でリフレッシュするためにすべき5つのこと

短時間でリフレッシュするためにすべき5つのこと

2011年10月28日 | カテゴリー:心と身体


気持ちをリフレッシュさせる方法は、人によって様々です。仕事や勉強が煮詰まってきたとき、対人関係での悩みを忘れたいとき、重要な会議でのプレゼン前など、リフレッシュする目的も様々でしょう。その時々に応じて、自分に合ったリフレッシュ方法が見つかればいいのですが、そううまくはいかないものです。

そこで、一般的に、よく実践されているリフレッシュ方法のうち、短時間で効果を得られそうなものをご紹介しますので、みなさんも実践してみてください。

【1】簡単に体を動かす

簡単に体を動かすことで、脳は刺激を受け、リフレッシュすることができます。10分ほどの体操をしたり、可能であれば、会社を出て少し散歩をするのがいいでしょう。これが不可能な場合は、資料を取りにデスクを離れたり、トイレに立つのもいいでしょう。

【2】糖分補給をする

ブドウ糖は、脳が働くためのエネルギーになります。糖分を含んだお菓子などを食べることで、脳にエネルギーを補い、頭をリフレッシュさせることができるでしょう。ただし、食べすぎは、かえって眠くなる原因ともなりますので、注意しましょう。

【3】首をマッサージする

マッサージは、気持ちをリフレッシュさせる、最善の方法かもしれません。特に、短時間ということであれば、後頭部の生え際あたりを、親指でマッサージするといいようです。脳に酸素が効率よく送り込まれ、短時間でリフレッシュできます。

【4】目を休める

目を休めるのも、気持ちのリフレッシュには効果的です。20秒程度、目を閉じてじっとしておくといいでしょう。目薬を常用されている方は、さした後、1分間ほど目を閉じ、眼球を上下左右に動かすと良いようです。また、アイマスクの使用も効果的かもしれません。

【5】短時間の昼寝をする

可能な方は、短時間の昼寝をすることを、お勧めします。昼寝をする場合、できる限り20分以内にしてください。睡眠時間が20分を超えてしまうと、ノンレム睡眠に入ってしまい、目覚める時に不快感を覚えるので、リフレッシュできません。

短時間で気持ちをリフレッシュしたい方は、ぜひ試してみてください。

Get Adobe Flash player