• Home
  • 人生
  • アイディア不足を打破する為の3つの方法

アイディア不足を打破する為の3つの方法

2012年2月17日 | カテゴリー:人生生活


時間に追われているのにアイディアがなかなか湧かない時というのは、気持ち的にかなり、切羽詰まってしまいがちです。焦ってますます何も思いつかなくなったりもしますし、ストレスが頭の回転をにぶくしてしまうこともあります。
しかし、「早く提出しなければならないのに、何も出てこない」というそんな時に、ただ諾々と時間を過ごしてしまうと、自分を追い詰めることになっていってしまいます。叩いても叩いても何も出ないような時は、アイディア不足を解消する為の以下の3つの方法を試してみましょう。

1 脳に「感動」を与える

感動すると脳が活性化し、インスピレーションが高まります。作家やアーティストはそもそも、「何か」に強く揺さぶられるのをきっかけに創作活動をしています。「この感動を伝えたい」という気持ちがあると、伝える為にどうしたらいいのかということに頭がはたらくようになり、アイディアが湧きやすくなるのです。アイディアもモチベーションも枯れつつあるという時は、泣ける映画を観たり、好きなアーティストの曲を流したりしながら考えるようにしてみましょう。

2 アウトプットの為にインプットする

アウトプットができない時は、アウトプットする為の情報が脳に足りないことが、アウトプットできない理由である場合があります。情報をアウトプットする為には、インプットされた情報が必要不可欠です。アイディアが湧かないのであれば、まず頭の中の情報量を増やすようにしてみましょう。

3 首をマッサージする

あまりにも頭の回転がにぶい時は、首の血流が悪くなっている可能性があります。考え事がうまくいかなくないのであれば、首をマッサージするようにしてみましょう。首周りの血流が悪いと、うまく物事を考えられない状態になってしまい、余計な物思いにふけるようになります。首をマッサージすることで鬱病が治ったケースもあるので、考え事がうまくいかない時には、首をマッサージしてみるのがオススメです。

最後に

アイディアが湧かない時というのは、様々な原因が裏に隠れているものです。何も思いつかないような時でも、頭の栄養になるような行為を積極的に取り組み、ただ白い紙を前に時間をつぶすことがないように心がけることが大事です。映画を観たり、本を読んだりしながら、アイディア不足を打破していきましょう。
また、ふとしたことでアイディアが湧く場合も多いので、家でじっとしているのではなく、散歩をしながら考えることも効果的です。さらに、何かと仕事で発表する機会の多い人は、困った時の為に日頃からアイディアノートを持ち歩くようにしましょう。アイディアが詰まった時には、そういった日頃の積み重ねが功をなします。

Get Adobe Flash player