• Home
  • 生活
  • 睡眠に効果的なアロマオイル5つとオススメ使用法

睡眠に効果的なアロマオイル5つとオススメ使用法

2012年2月22日 | カテゴリー:生活美容・健康


眠りたいのになかなか眠れない、そんな夜を過ごした経験はありませんか?そういう時は薬などに頼らず、エッセンシャルオイルを使ってみましょう。今回は眠れない時にぜひ使用して欲しい、エッセンシャルオイルとその使い方をご紹介したいと思います。

1 クラリセージ

シソ科の植物です。香りが強く、心の緊張を解きほぐすといわれています。リラックス効果をもたらし、気持ちを明るくする効果があるとされています。寝る前に考え事などついしてしまうという人にはおススメのオイルです。

2 ジェニパー

ヒノキ科の植物です。鎮静効果や消炎効果があるとされています。また、体のむくみなどを解消してくれる働きがあるようです。筋肉痛や関節リウマチなどの病気にも効果を発揮するといわれています。

3 ラベンダー

シソ科の植物です。心と体の緊張を和らげてくれる働きがあるとされています。リラクゼーションを促す作用があります。

4 イランイラン

バンレイシ科の植物です。バンレイシという植物は別名を釈迦頭といいます。果実がそのような形をしているのでそう呼ばれているそうです。英語ではシュガーアップルといわれており、砂糖のような甘みがあるそうです。自信を喪失した時や、うつなどの症状に効果があるといわれています。気分を晴れやかにしてくれますから心身症で眠れない時などにおススメです。また、糖尿や高血圧などの症状にも効果があると言われています。

5 サンダルウッド

ビャクダン科の植物です。心と体を休ませるという効果があると言われています。高ぶる気持ちを落ち着かせてくれるそうです。自然な香りですが少しくせのある臭いなので、好き嫌いがはっきり分かれます。

使用方法

眠れない夜には、エッセンシャルオイルを使って、マッサージをしましょう。エッセンシャルオイルを数滴を乳液に加え、ゆっくりとリンパの流れに沿って、首周りや手足などをマッサージして下さい。また、枕や布団などに直接エッセンシャルオイルの香りをくゆらせても良いでしょう。無水エタノール(アルコール)10mlにお気に入りのエッセンシャルオイルを数滴入れ、良くかき混ぜます。これに水90mlを入れるだけで簡単ルームフレグランススプレーの出来上がりです。温かい牛乳などを口にしてゆったりとした気分で布団へ入って下さいね。

Get Adobe Flash player