• Home
  • 生活
  • 部屋の整理術!5つのゴールデンルール

部屋の整理術!5つのゴールデンルール

2011年10月23日 | カテゴリー:生活


「部屋が片付かない!」というのは現代の多くの人が抱える悩みです。何度も何度も整理したはずなのに、気がつけば部屋はゴチャゴチャ…。そんなあなたはこの片付けのゴールデンルールを実践してみてください。思いきってチャレンジすれば、部屋も心もスッキリしますよ!

1:必要なもの・そうでない物を分ける

大きな箱を4つ5つ用意してください。もしくは整理するための一時的な部屋でも構いません。そして今必要なものだけを本当に厳選してください。あなたは監督となって、サッカーの日本代表選手を選考するような気持ちで、自分の部屋に置くものを決めないといけません。

2:思いきって捨てる・遠ざける

物は理由があるから置いてあるのです。しかし、整理整頓のキモは『思いきって捨てること』に他ならないので、結局片付かないということになります。そんなときは、いずれ使うものや取っておきたいものを物置に押し込むか、もはやレンタル倉庫などに預けてしまうと良いのです。そのために維持費を払うほど、あなたはそれを必要としていますか?

3:物の置く場所に名前を付けて定める

物には役割があります。彼らはあなたと仲良しですが、自分の家を求めています。宿無しでは落ち着きません。本棚は本の家ですが、どんな棚や引き出しであれそれが何を入れるための場所なのか命名してあげて下さい。そして使用した後はちゃんと「彼らが寝る前に」帰宅させてあげるのです。

4:散らからないシステムを構築する

明らかにゴミなのに即捨てることがない、ということがあります。ゴミ箱が近くになかったとか捨てる方法がわからなかったなどの理由でもゴミが増えます。一つ一つのゴミや包装紙が、どんなときに発生しているのか思い出してみてください。そしてそれを毎回キャッチできる方法を考えてみてください。

5:習慣そのものを変える

物がいっぱいあるということは、決して幸福なことではありません。究極的にはシンプルな生活こそが、人を落ち着いた気持ちにさせます。でも、人はそんな悟りそうそう開けませんよね。もしそうだとしても決して諦めないで下さい。定期的に部屋に人を呼んでみるとか、部屋の物を人にプレゼントしてみるとか、抜け道はいろいろあると思います。

Get Adobe Flash player