• Home
  • 生活
  • 要領良く大掃除を行うための5つのコツ

要領良く大掃除を行うための5つのコツ

2011年12月29日 | カテゴリー:生活


今年を終え、新たな年を迎える為には大掃除はかかせません。しかし、年末は忙しい!!という人は多いはずです。今回は、非常に基本的な「要領良く大掃除を行うための5つのコツ」をご紹介致します。

1 まず、計画を立てる

大掃除を年の瀬の一日や二日で行うという人も多いでしょうが、これではきちんと掃除が行き届かないことが多く、バタバタと何もかもが慌ただしく終わってしまいます。これでは大掃除の意味がありません。大掃除だからこそ、きちんと綺麗に全ての空間を整理整頓したいものです。ですから、前もって計画を立てましょう。
計画の立て方のポイントは出きる時に少しずつが基本です。空いている時間を探して、その時間内でできそうな場所をピックアップし、片付けていきましょう。

2 「いつか使うかも」と、捨てるのを惜しんでいる物ほど捨てるべき

誰しも経験のあることですが、掃除をすると必ずいらないものがでてきます。また、以前買っておいたがもう使っていないもの、忘れていたものなども沢山出てくるかと思います。このようなものは取って置かずにあっさり捨ててしまうか、もしくは人に譲ってしまいましょう。「もったいない」と名残惜しげに取っておいても、部屋のスペースを占領するだけです。今そこに放置されているものほど、あなたにとって必要のないものです。

3 上からが基本

正しい掃除の仕方は上から行うということが基本です。どのような場所もまず上からほこりを取り除き綺麗に掃除していきましょう。上から汚れを取り除き、整理していったものを最後に下で片付けると無駄なく綺麗に片付けることができます。

4 普段良く使用する場所は最後に

キッチン・バス・トイレなどといったところは普段良く使用する場所です。そういう場所はパスしておき、普段掃除しないところから片付けていきましょう。特にトイレは、大掃除中にも使用する機会が多い為、一番最後に回した方が良いでしょう。

5 出たゴミは溜めずにすぐ捨てる

大掃除をしていくと、必ずその場所によってゴミがでてきます。このようなゴミはひとつのゴミ捨て袋にまとめて、そのまま置かず、近いゴミ捨て日にきちんと捨てるようにしましょう。最後にゴミを溜めて捨てるとなると大量になりますから大変です。ゴミはコンパクトにまとめて、小さく捨てていくと良いでしょう。

Get Adobe Flash player