• Home
  • 生活
  • NOと言える人になれ!訪問販売や勧誘を上手に断るテクニック

NOと言える人になれ!訪問販売や勧誘を上手に断るテクニック

2011年8月20日 | カテゴリー:生活

マンションに一人住まいだと、電話や訪問による何らかの商品の販売や勧誘が頻繁にやってくるという人もいるでしょう。また、会社にいてもこういう電話は掛かってきます。こうした販売や勧誘に対する断る方に悩んでいる人は、次の点に気をつけましょう。

Photo by petesimon

【1】「何者か」「用件は何か」を聞く

電話でのセールスや勧誘の場合、「ちょっとアンケートにご協力お願い出来ますか?」と相手はいきなり自分のペースに持ち込もうとしてきます。

そこで、間髪入れず「どちら様ですか」とか「ご用件は?」と尋ねるようにしましょう。特定商取引法では、「自分の身分(社名など)を名乗ること」と「訪問の目的を告げること」が義務付けられているのでです。

【2】質問に答えない

訪問や電話での販売や勧誘の場合、相手はよくコチラへの質問から切り出してきますが、この質問に答えてしまうと、相手の術中にハマってしまいます。例えば「ご自分の健康状態が気になりますか?」など。思わず「はい、そうですね」と簡単に答えてしまいがちですが、素直に答えてしまってはいけません。

「それが何か?」とか「それに答えるとどういう意味があるんですか?」と聞き返すなどして、絶対に質問には答えないクセをつけておきましょう。

【3】上手に断ろうとしない

訪問販売や勧誘の断り方に悩んでいる人というのは、口下手で相手のペースに乗せられやすいタイプでしょう。にも関わらず、「相手に不快感を与えずにスムーズに断ろう」と考えてしまい、そうすると益々焦って口ごもってしまうのです。また「どう言えば上手く相手を諦めさせられるか」などと考えていると、どんどん相手に話す時間を与えてしまいます。

ですから、考え方を転換して、「自分は口下手なんだから、ヘタクソな断り方でいい」と考えるようにしましょう。その為には「自分が相手からどんな風に思われても構わない」「嫌われても構わない」という心構えでいる事が大切です。

【4】その場しのぎのセリフや余計な事は言わない

うまく断れない人というのは、「今、この場だけは何とか切り抜けたい」と考えてしまい、「忙しいから後にして欲しい」といった断り方をしてしまいます。しかし、これでは「では、いつがご都合よろしいですか?」と相手に次の一手を与えてしまいます。また、せっかく断ったのに、相手に対するフォローとして「またお金に余裕が出来たら…」と、言う必要のない事を言ってしまったりします。

「要りません」「必要ないです」このどちらかを言えばいいだけ。これを言えるかどうかこそが「断れる人」と「断れない人」の違いなのです。

Get Adobe Flash player