ストレスを溜め込まない人が守る5つの習慣

2012年2月20日 | カテゴリー:コミュニケーション生活


現代社会での生活は、何かとストレスを感じる事が多いかと思います。でも、あまりストレスなど気にせず、心身共に健康的な生活を送っている方がおられるのも事実です。彼らもストレスを全く感じないわけではありません。日々の習慣の中で、うまくストレスを解消できているようです。そこで、ストレスを溜め込まない人が守っている、5つの習慣をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1 運動の習慣を崩さない

ストレスを溜め込まない人は、適度な運動を習慣にしているようです。適度な運動は、健康の維持につながりますし、そのことで、心の健康も維持することができます。運動の習慣がない方は、朝の散歩などを習慣にしてみるとよいでしょう。

2 睡眠と食事をしっかり取る

ストレスは、栄養状態や休息に大きく左右されます。睡眠や食事をしっかり取る人は、毎日感じるストレスも、その日のうちに解消できているのです。ストレスを蓄積しないためにも、睡眠と食事のバランスは崩さないようにしましょう。

3 人間関係を良好に保つ

ストレスの大きな原因となるのが、やはり人間関係のようです。その中でも、職場での人間関係が大きな原因となることが多いようです。可能な限り、職場における対人関係のトラブルなどは、避けるように心がけましょう。

4 プラス思考の習慣

ストレスを溜め込まない人は、物事に対する考え方が、少し違うようです。ストレスを感じやすい事でも、肯定的にとらえており、それが習慣になっているようです。「人様のため」といった、利他的な考えが根底にあるのも特徴です。

5 時間を上手に使う

人に長時間待たされるなど、無駄な時間を過ごすと、人は大きなストレスを感じます。時間を上手に使い、無駄な時間を過ごさない人は、そのようなストレスをあまり感じません。時間の使い方には注意するようにしましょう。

Get Adobe Flash player