• Home
  • 生活
  • なかなか貯金が増えない5つの理由

なかなか貯金が増えない5つの理由

2012年3月12日 | カテゴリー:生活


「貯金をしようとはしているのだけど、なかなか増えていかない…。」という方も少なくないでしょう。なかなか計画通りに増えていかないのが貯金というものです。他方で、きちんと貯蓄できているという人も数多くいます。そのような人と、なかなか貯金ができないという人の違いはどこにあるのでしょうか。そこで、なかなか貯金が増えない5つの理由をご紹介します。当てはまってないか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

1 支出≧収入

支出が収入を上回っていれば、当然ながら貯金はできません。当然のことではあるものの、家計簿等を付けてないと、意外と気が付かなかったもりします。収入と支出をきちんと把握することが、この状況から脱出する第一歩となります。

2 収入が増えたのに応じた支出増

昇給や転職で、収入は増えたのに、貯金は一向に増えないという人も多いかと思います。そのような人は、収入増に気をよくして、かえってお金を使うようになってしまったというパターンが多いです。身なりにお金をかけるようになったり、外食が増えたりしてないか、振り返ってみましょう。

3 貯金は余裕の中からという意識

貯金は、目的を持って意識して行わないと、なかなか増えていきません。余裕ができたらという意識では、なかなか増えていかないものなのです。それに、よほどの高収入でもない限り、毎月なにかと出費がかさみ、余裕は生まれにくいものです。

4頻繁にある「特別な日」

恋人の誕生日や、友人に久しぶりに会う日などは、私たちにとって「特別な日」であり、財布のひももついつい緩みがちです。でも、よくよく考えてみると、そのような「特別な日」は、頻繁にやってきます。その都度、特別だからといって出費を重ねていたのでは、貯金は増えません。

5 ギャンブルの習慣やお金のかかる趣味がある

ギャンブルで大きなマイナスを出してしまったり、趣味にお金がかかって、生活費が足りなくなるなどすると、やはり預貯金を切り崩すことになります。これを繰り返していたのでは、なかなか貯金は増えていきません。

Get Adobe Flash player