• Home
  • 豆知識
  • 日常で当たり前に行っている6つの行動の根拠とは

日常で当たり前に行っている6つの行動の根拠とは

2012年12月26日 | カテゴリー:豆知識


日常当たり前に行っている行動というのは、その隠れた効果を体が実感し潜在的に行動を行なっているものですが、その行動になにかしらの根拠付けがあると、その効果を更に実感する事ができます。ここでは普段人がよく行う行動の理由と根拠を雑学も交えながら紹介します。

眠い時に顔を洗う理由

多くの人が水を顔にかける事で、目覚まし効果があるためと思っていると思います。この顔を洗う効果の一つとして、顔や目蓋の汚れを落とす効果というのを知っておくと更に実感が湧きますよ。顔や目蓋の汚れがあると首から上部になんとなく負担を感じるものですが、顔を洗う事で汚れを落とすと、この負担がなんとなく軽くなったような気がするものです。

コーヒーは一日何杯まで?

一般に3~5杯程度と言われています。カフェイン摂取による人間の体内での限界量に該当するのがこの3~5杯ですが、実際には個人差があります。やはり過度な摂取は胃を痛めるだけでなく、カフェイン中毒になる可能性もあるため注意が必要です。

風呂上りの牛乳はどんな効果が?

風呂上りの定番飲料と言えば昔から牛乳ですが、最近は風呂上りに牛乳を飲む人は減っているのではないでしょうか?牛乳が体に与える効果として、睡眠を促す効果もあると言われており、風呂上り後に睡眠を取る人には、快眠するためにも風呂上りの牛乳は効果的です。

運転中は音楽?それともラジオ?

最近は音楽と答える人も多いと思います。しかし毎日知っている音楽を聴いていると、マンネリ化してしまい、疲れている時は運転中に眠気を感じる人もいるかもしれません。その点ラジオニュースなどは、ニュースで最新の情報を取り入れる事で脳が活性化するため、運転中の眠気防止に最適と言われています。音楽を常に聴いている人などは、たまには車でラジオニュースを聴いてみるのも気分転換になりますよ。

寿司の食べ方は素手?それとも箸?

結論を言えばどちらも同じです。素手で食べると美味しいという話もあるようですが、実際にはあまり違いは無いようです。そもそも箸で寿司を食べはじめたのは戦後になってからと比較的最近のため、寿司は素手で食べるものという認識を多くの人が持っています。

一味唐辛子と七味唐辛子はどうやって使い分けるの?

明確な根拠はありませんが、七味唐辛子は香りがするため、うどんやソバなどに良いとも言われています。が、これは単純に地域の問題も影響しています。北海道や九州は一味唐辛子が主流で、それ以外の地域は七味が多いと言われており、地域によってはうどん・ソバ屋さんに入っても、七味や一味など自分のお好みの唐辛子が無い事も良くあります。ですが香辛料としての役目はどちらも同じです。

Get Adobe Flash player