• Home
  • 豆知識
  • 意外と知らない、敷金を絶対に返してもらう方法

意外と知らない、敷金を絶対に返してもらう方法

2011年10月09日 | カテゴリー:豆知識


敷金は本来であれば返還されるべきものですが、ほとんどの場合、修理費や修繕費に消えてしまい返ってきません。綺麗な状態で使っていても敷金は返還されず、中には、退去後に修理費用として敷金の何倍もの請求を受けてしまうこともあります。

しかし、相手の言い分や請求金額に違和感を感じていても、一人暮らしの経験が初めてである方や、頼る男性のいない女性などの場合は、それを黙って受け入れてしまいがちなようです。敷金は数万円という単位のものなので、違和感を感じた際は流されずに、以下の方法でしっかり敷金を取り返すようにしましょう。

Photo by Nemo’s great uncle

1 もし敷金より高い請求が来たら

退去後に、原状回復の為の費用として何十万円も請求する貸主もいるようです。しかし、指摘された損傷部分が明らかに自然損耗によるものであり、経年劣化の結果であるという場合は、借主側にそれを払う義務はありません。

納得できない部分に関しては、どういった点にいくらかかるのか、どこをどういった業者に頼むのか、という点を詳細に書いた請求書の送付を頼みましょう。あまりにも理不尽であった時には、入居時に撮影した部屋の写真などがあると話がスムーズに進みます。

2 それでも敷金を返してくれない時は

原状回復の為の請求に納得できず、敷金の返還を求めたはいいが、それでもなかなか返して貰えない。さらに、問い合わせをしても対応が悪く、振り込み日時を教えてくれない、という場合。奥の手として「少額訴訟」があります。難しく感じるかもしれませんが、少額訴訟はネットで調べればカンタンにやり方を知ることができます。

3 少額訴訟のやり方について

まず、あらかじめ「納得できない場合は、少額訴訟も考えております」という旨を伝えておきましょう(口頭ではなく書面で送るのがベストです。書面はコピーしたものをとっておきましょう)。相手が訴訟を面倒に感じれば、訴訟をおこすまでもなく敷金は返ってきます。

少額訴訟、というと難しく感じるかもしれませんが、要はネットで書き方を調べながら、千円程度の手数料で簡易裁判所に申し立てをおこない、即判決を出して貰う、というかなりカンタンな流れです。送付する訴状のための費用なども必要なので、窓口で確認するようにしましょう。

最後に

「敷金は返ってこないもの」というのが定説化してますが、ちゃんと綺麗に使用したのであれば、敷金は返されるべきものです。少額訴訟はどうしても面倒なイメージがあるので「そこまでやるくらいなら敷金は諦めよう」と思われがちですが、実際やってみると、少額訴訟は瞬く間に終わります。たった数万円と考えるか、数万円ものお金と考えるかで訴訟のメリットも変わってくるかもしれませんが、あまりにも納得がいかない場合は、上記の方法で敷金を取り返してしまいましょう。

Get Adobe Flash player