三年使って分かった、結局使うのはこの5つのiPhoneアプリ

2012年6月28日 | カテゴリー:PC・ソフト・ガジェット


次期iPhone5のスペックや新機能の噂が囁かれ、発売に期待を胸をふくらませるアップルユーザーは多いですね。もはや、アップル信者ならずとも、世界中のメディアがアップルの動向に注視しています。登場以来順調に販売台数を伸ばし続け、iPhoneアプリも相当な数が開発され販売され続けています。
では、使用して3年経過した今だからこそ、原点に立ち返るべく、厳選アプリの紹介です。
はじめ目新しくダウンロードしたものの、結局そのほとんどのアプリを数週間後には全く起動しなくなったという人も多いのでないでしょうか。アップル信者であるゆえ意識するアップルのブランドイメージとしてのシンプルであるということ。

この際一発芸的なアプリは忘れ、実用性、操作性、機能性をみて、シンプルであるマストアプリを厳選5つ紹介です。

【1】大辞林/物書堂 \2,500

数年前までは電子辞書を使っていた方もこのアプリの登場でiPhoneを辞書として使用することになった方も多いのではないでしょうか。
とにかく使いやすい。手書き検索における識字率も非常に優れており、ストレスなく検索語に辿り着けます。
またメーカーのアップデートも頻繁に行われ、このアプリに対する信頼度が高く、2,500円というアプリ代も頷けます。
オフラインでサクサク未知なる言葉におぼれ、日本の言葉が大好きになるアプリです。

【2】photogene/Omer Shoor \170

写真加工アプリは多数販売されていますが、結局コストパフォーマンスの高さ、分かり易い操作性、シンプルな機能をみれば、このアプリがベストではないでしょうか。
iPhoneで撮影した写真をアレンジするとき欠かせないアプリです。画像編集に慣れていない方でも、画面を確認しながら、自分の好みの仕上りにすることができます。
SNSで使用する画像もこのアプリひとつでオリジナル性の高い、ユニークな画像を作成できます。
170円というアプリ代を考えれば超お買い得感があるアプリです。

【3】Evernote/無料

Evernoteをインストールするだけで、iPhoneの使い方が一気に広がります。
このソフトはメモ帳作成アプリなのですが、画像や音声もメモ帳にファイルとして添付できます。
さらに自宅のデスクトップPCやノートPCにもこのEvernoteを通してデータの共有、連動ができます。
他のアプリとの連携性も高いので、気になったwebページをどんどんEvernoteに送りファイル化することで、外出先でもiPhoneでデータとして確認できます。
自分のアイデア次第でいろんな局面で効果を発揮しますので、とにかくまだ未導入の方は、自宅で使用しているPCとiPhoneにこの無料会員版Evernoteを導入してみましょう。

【4】iMandalArt/Hiro Art Directions,inc. \1,100

言わずと知れた思考ツールです。3×3で構成された9つのマスの中心に考えたいこと、テーマを書きます。
その中心の周辺の8つのマスに関連事項、思いついたことをどんどん埋めていくだけです。もちろん音声・画像データも取り入れることができます。
ここまでシンプルに「考えること」を素直に捉えたアプリはないです。そして操作性もスムースで触れると気持ちがいいのです。
考える脳をiPhoneに反映させていくことでどんどん発想が深まっていき、想像しなかった着地点が得られることもしばしばです。
その使い方も人それぞれであっても何ら不自由性が生じない点もこのアプリの素晴らしさです。
気になるのはやはり値段でしょうか。決して安いとは言えないこの強気プライスに開発者の自信が窺えます。

【5】Shazam/Shazam Entertainment Ltd. 無料版

とにかく初めて使ったときの感動は、今なお、色あせることはありません。これまでの人生で通り過ぎ知り得なかった名曲の数々を思うと切ないですが、このShazamがあれば安心です。
カフェやアパレルショップにいて店内にかかるBGMが気になれば即効活用します。
このアプリがなければ、知ることもなかった音楽との出会いが生まれます。無料版は月5曲までと制限がつきましたが、まずはこちらで試用してみましょう。
そのとき、曲の認識力に不満があれば、有料版は見送ればいいでしょう。それだけです。

Get Adobe Flash player