投資を中心としたお金の話

2011年11月12日 | カテゴリー:政治・経済


お金について悩んだことのない人はいないのではないでしょうか。そこで今回は、主に投資を中心としたお金の話を5つ、ご紹介いたします。お金の悩みが、少しでも解決すれば幸いです。

1 資産の種類について

さて、一言に資産といってもいろんな種類があります。代表的なものは『経済的資産』、つまりお金です。
しかし資産にはそれ以外にも、心の豊かさを計る『精神的資産』、文化的な充実度を計る『生活文化資産』、健康であるかを計る『健康資産』など、さまざまなものがあげられます。
経済的に豊かであるだけでは、資産家とは呼べないのです。まずは、「お金だけがすべての価値ではない」ということを念頭においたほうが、上手にお金と向き合えるでしょう。

2 投資について

とはいえ、お金が多いことに越したことはありません。では、どうしたらお金が増えるのでしょうか。
てっとり早いのは投資をすることです。お金を増やしたい人は、株やFXをはじめてみるのがよいでしょう。
また、FXには「レバレッジ」という制度があります。これを使うと、口座に入れている資金の数倍に金額まで取引を行うことができるので、多額の投資をすることが可能です。
もっとも、これらはすべて自己責任の上で行なってください。

3 口座を外貨預金として使う裏技

通常、外貨預金は「手数料が高くて儲かりにくい」と言われています。しかし、FX口座を外貨預金として使うことで特別に金利がつくサービスがあります。これを【スワップポイント】と呼びます。
スワップポイントを上手に使えば、年間で数万円のポイントが付くことも可能ですので、おすすめです。

4 資産の運用について

資産がたまってくると、リスクを回避するために分配することになります。なにが適応かは個人差がありますが、初心者におすすめできるのは以下の分配方法です。
ローリスク ローリターン運用に30%。ミドルリスク ミドルリターン運用に70%。ハイリスク ハイリターン運用に30%。
こうして分けておけば、極端なリスクは避けられるでしょう。

5 長期運用について

目先の利益ばかり追っていると、トータルで損をすることもあります。そんなことのないよう、長期的な計画が必要です。
心がけとしては、「5年は引き出さない」くらいの覚悟をもつとよいでしょう。

いかがでしたか。生きる上でお金は絶対に必要なものです。上手に運用して、あなたの人生を豊かなものにしてください。

Get Adobe Flash player