• Home
  • 恋愛
  • もう「ウザい」と思われない!女性から愛されるメールの書き方

もう「ウザい」と思われない!女性から愛されるメールの書き方

2011年8月24日 | カテゴリー:恋愛

女性にメールを送る時、男性は意外とその書き方に悩んだりするものです。普段会話するときには気にならないことまで、気になり始めてしまい、最終的には非常にそっけないものになったり、あるいは非常に感情的になりすぎたりしてしまうもの。自分では気づいていない相手にとって迷惑なメールも送っているかも知れません。そこで女性から愛されるメールの7つのポイントの紹介です。

1 長文は避ける

メールというツールに対するとらえ方は、各人それぞれあるかも知れません。しかし、メールを「手紙」と同等に考えないことです。長々と時間を費やした長文メールは単なる自己満足で終わりがちです。受けとる側の女性の状況などが全く考慮していないダメなメールの典型です。

2 ロマンチックになろうと考えない

「普段は口では言えないことでもメールではオッケー」なんて考えるのは危険です。最終的にはメールはケータイなどの液晶で表示される文字ですよね。そこに浮かぶものは、言葉の意味にほかなりません。カッコつけた言葉はそのまま単にクサい言葉として、女性に嘲笑をもって受け取られてしまうことがほとんどです。

3 絵文字は控えめぐらいがOK

デコレーションメールって、ある意味女性の特権とも言えます。あのカワイらしい、装飾は限りなく女性的なものですよね。男性が必死になって、デコメを打つ姿って想像しがたいですし、したくないもの。男性からの勢い余った愛らしいメールに女性は戸惑ってしまうことが多いですよ。

4 最後の「締め」のメールはハッキリさせる

メールのやりとりをはっきりさせることも大切です。なんとなく返信した方がいいいのかなぁと女性に気を遣わせるより、きっちりメールのやりとりの終わりを男性側からつけてあげるのが良いです。「では、明日」「助かったよ。サンキュ」など、返信に気を煩わさせない心遣いをもちましょう。

5 親しくないなら「おやすみ、おはよう」メールは避ける

恋人ならまだしも、まだアドレス交換して日も浅いうちから、「おはよう、おやすみ」メールは女性を困らせます。気軽に送信できるからこそ、メールは便利に活用されますが、あまりに簡単に相手のプライベートな時間に入っていくことは避けましょう。お互いの信頼関係を築いたうえで、成立するコミュニケーションツールであることも意識しましょう。

6 つめこまないでシンプルに

ひとつのメールに要件を詰め込みすぎては、返信する女性は困ります。そういう時は、今伝えるべき要件をしぼり、後日、会って話せることはメールに含まないことです。ごくシンプルに分かり易いメールを送ることを念頭にしてメール作成しましょう。

7 「返事が遅い」などの苦情メールは論外

いくら女性からの返信が遅くなっても、苦情メールは絶対にやめましょう。単なる自己本位であることの表れに過ぎません。急な要件やまた心配であれば、電話をワンコールかけてみて、つながらなければ、メールでメッセージを残すというぐらいの心の余裕が男性には必要です。

Get Adobe Flash player