• Home
  • 恋愛
  • 「彼氏が出来ない」と嘆く女性が陥っている思考6パターン

「彼氏が出来ない」と嘆く女性が陥っている思考6パターン

2011年7月29日 | カテゴリー:恋愛

美人だったり、性格に問題がなかったりするのに、なぜか彼氏が出来ない人っていますよね。
いったい彼女たちにどんな問題があるのか、探ってみようと思います。

【1】男性に対する評価が厳しい

「ああいう男はダメだ」という固定観念を、たくさん持っている場合です。もうすこし深く付き合うと、すごく良い人だと分かるかもしれないのに、最初の表面的な部分だけで判断して拒否してしまう人がいます。せっかくのチャンスや、いい男を逃していることがあるかもしれません。

【2】隙がない

せっかく男性が誘ってくれているのにもかかわらず、「興味ありませんから」などと、ズバッと切り捨ててしまっているパターンです。女性本人は、無意識であることが多いです。しかし、恋とはどこから発展するか、分からないものです。少しでも多くの可能性を残しておくためには、「考えておきます~」などと、曖昧でぼやかした返事をしておきましょう。

【3】彼氏がいると思われている

本人にその気がなくとも、なぜか安定した彼氏がいそうな雰囲気を醸し出してしまっている人がいます。このような場合は、素直に「彼氏は大募集中」「おひとりさまは寂しい」などと公言しておくと、新規の男性が寄ってきやすいです。

【4】恋に夢を見過ぎている

恋愛とはこういうものだと、少女マンガのような世界観から抜け出せていないことがあります。現実の恋愛は、わりと平凡に始まり、淡々と流れて行くものです。イケメンに憧れ玉砕しまくるのではなく、自分に釣り合った人と、小さな幸せを育てましょう。

【5】女性らしさを出すことができない

男友達は多いのに、女扱いされないというパターンです。女性として見られることに、照れや抵抗感を感じていませんか。強がらずに、弱いところもあるのだということを、たまにはちゃんと、表に出してくださいね。

【6】高嶺の花だと思われていることに気付いていない

男性が、「自分のことなんて相手にしてくれないだろう」と勝手に思い込んで、遠巻きにしているパターンです。女性本人は、「私って、男性から相手にされないのね…」と間違った劣等感を抱いていることもあります。こういう女性は、いわゆるブサイクにも、優しくされたらコロッと簡単に落ちてしまう危険性があります。藤原紀香がすぐに離婚してしまったのも、こういったパターンからかもしれません。

【PR】彼氏の作り方~彼氏募集サイト紹介~

Get Adobe Flash player