• Home
  • 恋愛
  • 恋人はもちろん、友達としてすら「無理」な男性の特徴9パターン

恋人はもちろん、友達としてすら「無理」な男性の特徴9パターン

2011年7月25日 | カテゴリー:恋愛

知り合いはじめは笑顔で接してくれいていた女性が、ここ最近態度が冷たくなった。考えてみると友達と呼べる女性はひとりもいない、そんなモテナイ自分に気づくことが遅い男性は多いです。ケータイのアドレスは男友達で9割近く占められ、女性は数人程度で、しかもかなり前に知り合った女性のもの。そんなあなたは女性にとって「無理」な男性の可能性が高いです。女性が恋人はもちろん、友達にすらなれない「無理」な男性の9パターンを紹介します。

【1】いきなり「オマエ」を連呼

「正直イラッってなっちゃいます。カレにも呼ばれたことありませんから!」
知り合って間もないのにオマエ呼ばわりすることは、女性を不愉快にさせます。○○ちゃんよりは、やはりまずは○○さんからと苗字で呼ぶことから始めることがマナーです。

【2】大声かつ下ネタで盛り上がる

「周りに女子もいるのに。無意識にもほどがあります!」
ついつい下ネタでヒートアップして大声で盛り上がる男性は軽蔑の対象になります。聞きたくない人の存在を無視してしまっては、嫌われても仕方ありません。

【3】トークの基本は他者批判

「聞いているとウンザリです。楽しくありません」
人のマイナス面のトークは女性に負担をかけてしまいます。一緒にいて楽しいどころか、疲れてしまう男性は当然、「無理」なのです。どうせなら、人の良い面に目を向け、褒めることを心がけましょう。

【4】身だしなみに気を遣わず、不潔である

「常に髪の毛がテカっていると…。さらに近づくと体臭が…無理です」
最低限の身だしなみは気をつけましょう。「男はワイルドで野生っぽい方がいい」と言って、いきすぎると悪印象にしかなりません。女性は男性以上に清潔感を好む傾向にあることを意識しましょう。

【5】酔えばなんでも許されると思っている

「飲み会で頭を叩かれました。それ以降、口もきいてません」
飲むと悪態をつく男性はNGだという女性は多いです。酔ってマナー違反を平気する男性を、女性は冷静に見ているものです。

【6】極度に知ったかぶる

「多少は大目にみるけど、限度を超えると全てが信じられなくなる」
知らないことを堂々と言い放ってしまうこともあるでしょう。女性は気付かないふりをして聞いてくれますが、限界があります。等身大で接することが結果的には好印象となるようです。

【7】恩着せがましく、ケチくさい

「缶ジュース一本で、まさかここまでひっぱるとは」
もちろん女性に何か奢ることは喜ばれます。しかし、もっとも大切なのはその振る舞いの方です。比較的安値なものであれば、ごく自然にスマートに振る舞ってほしいところです。

【8】飢えた目つきで女性を見てくる

「本人は気付いていないんでしょうけど。はっきり言ってキモイです」
男性の目線は分かりやすく動いてしまいます。胸元やヒップを食い入るように見ては女性が警戒するのも無理ありません。また「やたら話すときに顔を近づけてくる」など生理的に敏感に反応する女性も多いようです。

【9】自分が特別な人間だと思い込んでいる

「イケメンではないのに本人はその気。扱いが面倒くさい」
など男性のナルシストを嫌う女性は多いです。誰も自分を過大評価する傾向にあります。まるで「芸能人気取り」だと、女性の反感を買ってしまう原因になります。
意外と自分では気づけないことが多いかも知れません。
「無理」なパターンに心当たりがあった男性はより自覚的になり改善していきましょう。

Get Adobe Flash player