• Home
  • 恋愛
  • 「また会いたい」と思わせる初デートの別れ際 7つのポイント

「また会いたい」と思わせる初デートの別れ際 7つのポイント

2011年7月27日 | カテゴリー:恋愛

はじめて二人きりで遊ぶと、お互い様子をうかがってぎこちなくなってしまうものですね。友達のままの関係で終わるか、恋人として関係が発展していくのか、初デートの印象はキーポイントになります。

中でもデートの別れ際は重要で、一気に相手を引きつけるきっかけにもなり得ます。ではまた会いたいと思わせる別れ際の7つのポイントを紹介しましょう。

【1】自分からデートの終わりを告げる

もう鉄則です。人間の心理を考えると、やはり決断をした方に心理的優位が生まれます。断られると追いかけたくなる心理ですね。もちろん、一方的にならないよう、ごく自然に切り出すことをお忘れなく。

【2】別れ際にでようやくスキンシップ

それまで、手もつながなかったのに、別れ際になって相手の手に触れたり、優しく肩に手をまわすなど、控えめのスキンシップをする。急に縮まったふたりの距離に良い緊張感が生まれます。それが別れた後も相手に余韻を持たせます。

【3】「楽しかった」とハッキリ伝える

初デートは相手に気を遣うものですよね。同様に相手もこちらがどう思っているか、敏感になっているものです。ですから、余裕がなかったとしても、その日一日が楽しかったことをきっちり伝えることで相手に安心感を与え、好印象となります。

【4】男性なら最後は紳士的なふるまいを

「ずっとへらへらされているといろんな意味で不安です」との意見多数。相手に不信感を与えては次につながる可能性は低くなります。帰宅までの道のりや夜道の危険などを気遣うなど、別れ際は紳士的に男性として当然の振る舞いを見せるべきです。

【5】目を見て話す

「いきなりどうしたの?って少しドキドキしちゃいます」という人も多いのでは?当然、照れますよね。デート中はなかなか出来なくても、別れ際にはしっかり相手の目を見て話しましょう。相手に信頼感を与え、またドキドキさせる高揚感も生み、好印象となるようです。

【6】“次に行きたいところ”を具体的に言ってしまう

例えば、夏場であれば、海や花火大会。冬ならスノボ。春ならお花見など、イベントを想像するだけで楽しいですよね。そういった具体的な行ってみたい場所をあげ、相手とこれから先の楽しいことを共有してしまうことが大切です。

【7】「ウチ来る?」と真っ向勝負のお誘い

断られて当然で、もちろんイエスという返事を期待しないものです。少し賭けのようなところがありますが、深刻にならず冗談のように言うことが重要です。最後に相手に意外なインパクトを与え、同時に家にやましいものはないというアピールとなれば好印象となり得ます。

終わり良ければ全て良しとまでは言わなくとも、次に発展していく関係を生む別れ際は大切な場面なのです。

Get Adobe Flash player