• Home
  • 料理
  • 健康食品などでよく見かけるあの食材にはどんな栄養価があるのか

健康食品などでよく見かけるあの食材にはどんな栄養価があるのか

2011年8月15日 | カテゴリー:料理

食の時代ともいえる現代では、食べ物の様々な体に与える良い効果が解明されています。しかし健康食品などの宣伝を見ても、効果がたくさん書かれており、正直どんな効果があるの?と思った経験はおありではないでしょうか?ここでは5つの食べ物が与える簡単な効果というのを紹介します。

不眠症に効果的なレタス

野菜の中でもセロリやレタスは不眠症に効果的と言われています。セロリは癖が強く好き嫌いの分かれる味ですが、レタスならばあまり嫌いな人はいないと思います。眠れない夜などは、レタス入りのサラダを夜食に食べておくと、よく眠れるかもしれませんね。

ボリュームと低カロリーが特徴のコンニャク

おでんの種などでコンニャクを食べる機会は多いですが、コンニャクはボリュームが豊富な割に、カロリーが比較的少なくダイエットにも効果的です。少食となりがちなダイエットにボリューム感を演出するのに、コンニャクを使った料理は最適です。

ダイエットに効果的な黒酢

最近健康食品などで黒酢をよく見かけます。効果はものによって様々ですが、黒酢の特徴はアミノ酸が豊富な点です。アミノ酸はエネルギーの燃焼を助ける働きがあるため、一般にダイエットに効果的と言われています。意識して健康食品などの黒酢を取り入れなくても、ドレッシングなどでの代用でも構いません。しかし折角のエネルギーの燃焼も、適度に体を動かさない事には効果は少ないため、その点は注意が必要です。

よく聞く「ポリフェノール」とは?

お茶やワインに多く含まれるポリフェノール。最近よく聞く言葉ですが、このポリフェノールは体の抗酸化作用に効果があると言われています。抗酸化作用とは活性酸素の量が増える事で生じる糖尿病や癌など、体への悪影響を防止する作用です。ストレスや喫煙により活性酸素の量は増加すると言われており、該当のある人は意識してワインやお茶を適量体に取り入れる事も効果的です。ただしワインなどはくれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

栄養価の高さでおなじみ!トマトの効果

野菜の中でもサラダやトマトジュースなど様々な形で取り入れる事ができるトマト。こちらも成分に含まれているリコピンが、抗酸化作用に効果があるといわれており、またトマトは、体に取り入れる事で血糖値を下げる効果があるため、血糖値の高い人の食事療法にも効果的です。血糖値は食べるだけでなく、空腹や日常のエネルギー消費など様々な場面で変化してきます。特に空腹時にトマトジュースや直接トマトを適量取り入れる事で、この血糖値の上昇を抑える事ができるため、トマトは糖尿病の予防にも最適です。

Get Adobe Flash player