• Home
  • 料理
  • 体に毎日摂り入れたい食材と、簡単レシピ5つ

体に毎日摂り入れたい食材と、簡単レシピ5つ

2012年2月19日 | カテゴリー:料理美容・健康


年齢を重ねるにつれて、毎日の体の疲れがなかなかとれない、また、お肌や髪に艶がなくなっていくなどといったことは誰にでも起きてくる自然現象でもあります。今回はそんな体の衰えに抵抗する為、毎日取り入れたい食材と簡単なレシピについてご紹介したいと思います。

1 酢

酢には抗酸化作用があると言われています。体の血管を拡張して血液の流れを良くし、血圧を下げる働きをすることから、高血圧の改善と予防に効果を発揮するといわれていますまた、体を酸性体質からアルカリ性体質に改善することから、体の疲労回復にも最適です。
酢を毎日簡単に口にするには、たまごかけご飯が一番おススメです。ご飯に卵をひとつ入れて、酢を小さじ2~3杯、そしてお醤油をお好みでかけて混ぜて食べます。少し酢の味が残るものの、酢っぱすぎず、無理なく、美味しく、長く食べ続けることができます。

2 ニンニク

ニンニクは古来、エジプトのピラミッドを建設する際、労働者にあたえられた食材であるそうです。体の疲労回復に効果があるとされています。市販で販売されている滋養強壮に良い栄養補助食品にもニンニクは使われていますね。また、ニンニクはビタミンB6が多く含まれていることから、お肌の健康維持の為にも大変良いようです。ニンニクを毎日食べるには、市販のニンニク購入し、それを剥いて、醤油につけておくだけ。これだけでニンニク醤油漬けの完成です。ビンなどに入れ、冷蔵庫に保管し、一日1個を目安にニンニクを食べましょう。また、ニンニク醤油は料理の味付けにも使うことができますよ。

3 ゴマ

ゴマにはビタミンEが豊富に含まれています。このビタミンEにはかなりの抗酸化作用があるとされており、ゴマは美容に欠かせない食品です。また、血液をサラサラ綺麗にしてくれます。鉄分やカルシウム、食物繊維も含まれることから女性にありがちな、貧血や便秘、骨粗しょう症の予防にも効果的です。ゴマは毎日大さじ1杯、10グラムを摂取すると良いと言われています。ふりかけ代わりなどにして口にしましょう。

4 きなこ

きなこの原料は大豆です。大豆には人間にとって良いと言われている成分がバランス良く含まれています。大豆には女性ホルモンと似たような働きをするイソフラボンが含まれています。美容には欠かせない食品です。牛乳に混ぜる、ヨーグルトに混ぜる、クッキーなどに混ぜて食べるなどおやつに取り入れると良いでしょう。

5 オリーブオイル

オリーブオイルはオリーブの果実から摂取される植物油です。オリーブオイルを料理に使う国の心臓病の発生率は他国に比べて非常に低いということが分かっています。オリーブオイルは油として使用するだけでなく、パンなどにそのままつけて食べても美味しいです。また、オイルに塩や酢、その他の香草を加えて、ドレッシング風にしてかけても美味しく食べることができます。

Get Adobe Flash player