お買い得品を逃さない、スーパーの広告の読み方5点

2013年5月19日 | カテゴリー:節電・節約・エコ


スーパーの広告。主婦の味方です。今回は特売チラシの上手な読み取り方についてご紹介したいと思います。

●お1人様、限定商品。

広告で掲載されているお1人様○○限りの限定商品は、本当にお買い得な商品です。お店側がお客様に足を運んでもらうために、赤字覚悟で出している商品とのこと。このような商品は迷わず、即ゲットしにいかなければいけません。

●お得な商品は表に掲載されている。

広告には、沢山のお買い得商品が並んでいますが、お買い得な商品のほとんどは表に掲載されています。では、広告の裏に載っているのはと言うと、表に乗っている商品と一緒に購入して欲しい商品が掲載されていることが多いそうです。つまり、スーパー側からの提案商品ということ。広告は表をしっかりチェックしましょう。

●合わせ売り商品に注意。

2個で500円などの合わせ売り商品は、一見お買い得に見えます。ですが、単価を計算してみると、実はそうでもないような・・・。合わせ売り商品を購入する場合は、単価を計算しなければいけません。

●値段が目立つものは即ゲット。

写真を囲んである、値段を目立つように囲んでいる、とにかく値段が目立つように記載されている商品は、お店側が本当に自信をもって提供しようとしている商品に間違いありません。購入して欲しいから、目立つように載せてあります。こういう商品の中で気になるものがあれば、すぐに購入しましょう。後悔することもありません。

●棚下ろしの為の休業。その前は安い。

大手のスーパーでは、365日営業しているというところも多いのでしょうが、どこのお店でも必ず、棚下ろしはします。棚下ろしはお店側が休業して、在庫の整理や中間決算を行うための準備をする日です。お店側としては、この日までになるだけ商品を沢山売りたいはず。ですから、棚下ろし前は、商品が安くなる可能性大!!棚卸し前の休業は、アナウンスで流れたり、広告や掲示板、スーパーのホームページで掲載されていることもありますから、確認してみましょう。

Get Adobe Flash player